• [0]
  • 錆びたボルトのはずし方(螺子も含む)

  • 投稿者:管理者
 
リアバンクのエキパイのヘキサゴンボルト、エキパイナットのはずし方教えてください
ちなみにヘキサゴンボルトは1本は取れましたが、もう1本(下側)はレンチが入らないほどさび付いてしまっておりました(こいつは、ドリルで削り取りました)が、エキパイナットはなぜか痩せていて10mm指定のはずが9mmのスパナがはまってしまいます。
しかーし、外れない、最悪はエンジン下ろそうか悩んでいます
ほぼレストア状態にしないといけないのかなー、現代のケミカルで対応できない腿か
どなたか教えてくださいまし

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • (無題)

  • 投稿者:まりぱぱ
  • 投稿日:2011年 5月30日(月)22時07分23秒
  • 返信
 
司さんありがとうございます
実はそのリアバンクでした
自分の手の大きさをこれほどにくいと思ったことはありません
道具はマフラーの出口側はボックス、めがね、共に使用不可
困ったまりパパは、エンジンおろしちゃいました。
後は、こんこんしたり、潤滑剤塗りつけたりしても一向に回りませんでした
ついには火あぶりの刑に処して、無事はずせませた。
エンジン下ろしたついでにフレームの内側もお掃除

  • [1]
  • (無題)

  • 投稿者:
  • 投稿日:2011年 5月29日(日)22時53分46秒
  • 返信
 
最悪でもヘッドを外せばリカバリー可能です。
どちらのボルトもネジ部が露出していて錆び易いのが欠点ですね。
リアバンクのスタッドボルトは、作業スペース的に厳しいので、固着が激しいと二次災害の可能性が高いです。
車載状態からだと、浸透錆び取りスプレー(ラスペネ、CRC等)を掛けて一日待ってから、小槌でボルトの頭を辛抱強くたたき続けてからロッキングプライヤーで回す、辺りでボルトを外したことがあります。
時間と手間を考えたら、ヘッドを外した方が楽でした(^^;

リカバリーに成功したら、アンチシーズ、ネバーシース、カッパーコンパウンド等の耐熱グリスをボルトに塗布して組み込むことを強くお勧めいたします


レンタル掲示板