teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 最善の選択

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 4月 7日(金)01時55分32秒
返信・引用
  泉さん

再度、ご投稿どうも有難うございます。
自らの心に正直に行動する決断をされたとのこと。
文章からも、泉さんがまっすぐで、決して嘘はつけない誠実な方であり、苦悩の中にありながらも、その先を見据え、ご自分で人生を切り開いていけることのできる聡明な方なのだと感じました。

泉さんの旦那さんに関しては、私の元夫並みにバカで、卑怯者であることはもちろんですが、身勝手、無責任、パキスタン人がおかしい云々の前に人間として最低、ムスリムのくせに自分だけが大切で、自分しか愛せないかわいそうな人とでも申しましょうか。
人間として同じ土俵にも上がらせたくない、パキスタン人のバカが私たち日本人をののしる時に使うように、動物並み・・・動物は欲望のままに突っ走りませんから、このように表現するのは、逆に動物がかわいそうですね。
子供の前では言えませんが、害虫より、何のためにも誰の役にも立たない生き物ですね。
逆ギレは、当たり前。
パキスタン人夫のド定番、まさに王道を行っていますね。

まだ泉さんがまだ別居段階なら良いのですが、慰謝料・養育費の取り決めはもちろん、財産分与の請求、母国の妻子や家族の日本入国を拒否させることなど公正証書を作成したり(残念ながら、公正証書を作成しても実際、強い法的効力があるかと言えば難しいかも知れません。)、どんどん日本に、日本人の血が入らないパキスタン人が増えていますから、子供がこれ以上できないように物理的にも制御してもらった方が良いのでは?と思っています。
性欲が旺盛な彼らですから、去勢してもおとなしくなるとは思いませんし、子作りが娯楽みたいなものと元バカ夫も話していましたので、それを取ると彼らの生きる目的を奪ってしまい、日本で暴動は起きなくとも、ヘイトだのとデモを起こされたり、下手するとこんなことを書いた私の命が狙われてしまうかもしれませんね。
逆に、元バカ夫は、私に命を狙われると言いながら、日本に入国して、私たちのまわりをうろうろしていましたが・・・たまに変な電話も来ますので、出来れば、旦那さんのストーカー対策として、地裁で接見禁止でもかけてもらった方が良いかも知れません。

あと、旦那さんは、泉さんが皆の幸せを考えないと暴言を吐いたわけですが、そんなに皆の幸せが大切なら、旦那さんのためにも、泉さんのためにも、日本から出て行ってもらった方がより互いに幸せに生きられると思います。
大好きなパキスタン、日本と行き来する旅費の心配もなく、あ~早くパキスタンに帰りたいよ~とtwitterでつぶやいたりしなくともよいわけです。
特に、女には仕事も出来ないというか、する気もないのでしょうし、その子供たちにとっても、難しい日本語を学んだり、ワタシタチ、真面目なイスラム教徒だけど、ISと同じように見られて悲しいとか、差別されてる!といちいち声を上げなくとも良いですし、異教徒の国、豚肉を食す日本よりパキスタンで一生を終える方が幸せだと思います。
永住許可やビザを速やかに返納し、潔く、帰国するべきですね。
本当に互いに幸せな生き方ができると思います。

出来るだけ早い段階で、入管には文書で、暴言含め出来るだけ詳しく別れるに至った経緯を知らせておいた方がいいかも知れません。
こちらも法的効力はありませんし、強制力もなく、判断は入管の裁量にゆだねるしかありません。
夫婦間であっても個人情報なので、結果を教えてもらうことはできませんが、今、私たち日本人にとってできることは入管に陳情する、これしか手段はありません。

最近、パキスタン人とは無関係ですが、パキスタン人並みに口の減らない相手の被害に遭い、落ち込んでいました。
泉さんのご決心に、私も改めて勇気を頂きました。
どうも有難うございます。
 
 

Re: 「パパ、ママを日本に帰して。」

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 4月 6日(木)22時26分35秒
返信・引用
  > No.281[元記事へ]

ある母親さん

ご投稿、どうも有難うございます。
お返事が遅くなり、すいませんでした。

最初にある母親さんからのご投稿を拝見した時、絶句してしまいました。
結婚されて20年以上、50歳を過ぎてもなお苦しんでおられる日本人妻がパキスタンに住んでおられるとのこと。
お子さんたちが日本でインターナショナルスクールに通っていたということですので、日本ではそこそこ商売が成功し、日本である程度の財力を成した勝ち組のパキスタン人であり、私の元夫のように商才もないくせに、中古車業などとほざいていた負け組パキスタン人ではないこと、妻が汗水垂らして働き稼いだお金や独身時代の貯金を貪り喰い、日本国内に住みながら妻子にひもじい暮らしをさせていなかった点は、かつてそのような妻だった私から見たら、うらやましく思った点でもあります。

ただ、自分勝手で、傲慢、性に奔放すぎるというか、だらしがないパキスタン人の夫であるということ、これまでも最低すぎるパキスタン人を多く見てきたつもりでいましたが、これほど酷いパキスタン人がいるとは、とにかく絶句しました。

現在、彼女はパキスタンで更なる出産や「新しい妻」との同居を迫られ、正式な第一夫人でありながらもお手伝いさんでも良いので置いて欲しいと言わざるを得ない状況で、それを見かねたお子さんたちが「ママを日本に帰して」と父親に言っているのですね。
ある母親さんのご投稿から、1カ月ほどが経とうとした今、少しでも彼女にとって良い状況が訪れていればいいと思いつつ、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
お子さんたちが母親である彼女の心身の健康を考え、母と離れるのを覚悟で申し出たお願いは、父親であるパキスタン人には聞き入れられたのでしょうか・・・

10年ほど前、パキスタン在住の日本人妻の方から、パキスタンに住む日本人妻の中で、パソコンで遊ぶことのできる人(彼女はそう表現しました)はごく一部の妻だけと聞いたことがあります。
現在は、パキスタン国内でのネット状況は当時よりよくなったかも知れませんし、スマホの普及もあるでしょうが・・・孤立しているかもしれない日本人妻がいるかも知れないと考えると辛くなります。
お子さんたちの教育について、夫の提案に従い移住した妻もいるでしょうし、現に、私の知り合いの中にもドバイやパキスタンに移住した日本人妻がいました。
今は、まったく交流がなくなったので、彼女らがどこでどうしているかはわかりませんが、離婚したことは、機会があれば私の口から彼女らに直接、真実を話すことができればと思っています。
パキスタンやその周辺国(イラン、バングラあたりでしょうか)結婚・移住し、夫が起こした様々なトラブルゆえに、日本のご家族、ご友人とも疎遠になり、生まれた日本に戻りたいと願いつつも帰れずにいる方々もおられるのですね。
不貞夫側も、妻の立場を真摯に考え、思いやることができるなら良いのですが・・・それを考えない、そもそも自分の欲望にだけ忠実で、思いやりのかけらもない相手ですから、話し合いをしてもまともにできず、堂々巡り、妻は追い詰められてゆくものなのでしょう。
それらの国から来た外国人夫同士のコミュニケーション力やネットワークは、異常なほど密ですね。
それに比べると、日本人妻同士のネットワークは、脆くて弱く、特に重婚問題や夫の不貞などが絡んだ場合、親密な関係でもなかなか打ち明けることも出来ないことが多いでしょうし、夫により歪んだ情報が日本人妻に伝えられたリ、夫の嘘を隠すためにいいように利用されたり、先々に起こる問題やリスクを考えた場合でも、夫や自身の名前さえ安易に名乗りにくいなどの問題が多いですね。

それにしても、日本人妻が異国で耐え忍び何年も何十年も暮らしているというのに、パキスタン人夫はビザが取れるとパキスタンにすぐに帰国したり、パキスタンでの扱いに飽きると日本に戻ったり、妻の目が届かないことをいいことに好き放題したり、パキスタンの家族が恋しくなったら、またパキスタンに戻り、イードにも戻り・・・

今の私なら「パキスタンに戻って、死ぬまでいろよ。おまえは日本に戻るな。好き放題はパキスタン人同士でパキスタン国内でやれ。」と言いますね。

日本政府も、なぜか国際的に日本人の立場を弱くするハーグ条約を締結、批准国として加盟してしまいましたが、まず基本的に外国に居住する日本人の保護、子の親権や連れ去りについても外国相手にもっと強く出て欲しいですし、刑事事件にならなければ自己責任で・・・という姿勢ではいけないと思います。
外国人は、日本でも外国でも、日本人相手にはやりたい放題で、夫婦間で暴力を振るわれても財産を奪われても子を奪われ、連れ去られても民事不介入。
日本国内では、日本人相手に大量殺人を行っても心神耗弱の言い訳までされ、何十年にもわたる裁判で死刑になることも恐らくなく、30年も経てば冤罪、冤罪と言い出す輩もいるでしょうし、入管や警察の温情(?)で軽微な犯罪は見逃され、逮捕・起訴もされず、例え軽微でも強制送還でも良いくらいなのに、逆ギレされたり、俺は!私は!日本にいたいの!とごねられて、その外国人の宗教に配慮した食事、生活までさせてあげる始末です。
国際結婚は、自己責任という声が少し前までありましたし、私を含めて離婚という結末に終わった人の中には、十分に自己責任を果たし、むしろ、自己責任以上の負債を抱え、マイナスからの出発をしています。
外国人の配偶者は、精神的にも経済的にも何のダメージもなく、日本人配偶者や子への義務も果たさず、のほほんと日本と母国を行き来し、気ままな生活を送る・・・これが許されていいものなのでしょうか。
国際結婚が破たん、または危機にある場合、まずは永住許可やビザの保証人になった多くの日本人配偶者の言い分を十分に聞き、外国人配偶者の素行調査、ビザの見直し、永住許可の剥奪、そこまで審査して欲しいと思います。
日本国外に居住する日本人配偶者にも同等の権利を確立し、日本への保護やケア、日本人配偶者が泣き寝入りをしたり、騙されたりしないように対抗できる組織が欲しいです。

ある母親さんのご投稿に、同じ日本人として、また以前パキスタン人の妻であったがゆえに衝撃を受け、落ち込んだ時期があったのも事実ですが、追伸のお言葉、とても有難く、深く深く私の心に染み込みました。
表に出たり、名前は危険なので出せませんが、多くの日本人妻、かつての日本人妻の方々が協力して下さっています。
時間はかかっても、大きなうねりにすることができるといいなと思っています。
ご投稿、心より感謝いたします。

 

Re: ご相談させてください。

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 4月 6日(木)20時23分2秒
返信・引用
  > No.280[元記事へ]

Chiakiさん

ご投稿から1カ月以上経ってしまいましたが、お返事が遅くなりすいません。
安易な気持ちで結婚、大きな後悔・・・身につまされる思いです(汗)。

結婚も大変でしたが、離婚は何十倍、何百倍も大変でした。
お互いによくまともな話し合いが出来て、親権、面会交流、慰謝料・養育費など諸々の点を含めて円満に離婚できたなら、あえてブログや掲示板につらつらと書くことはなかったと思います。
全てが想定外、日本人一般が持っているであろう性善説をひっくり返すほどのことをこれでもか!というほどやってのける人間がいること、日本人の常識はまったく通じないことを思い知らされました。
全ての人間がそうではない、全てのパキスタン人がそうではない、全てのイスラム教徒がそうではない、それらを理解しての上の告発です。
また、私が知るそれらの人間、パキスタン人、イスラム教徒に、純粋無垢な日本人女性やハーフの子供たちが心身共に傷つけられないこと、幸せな結婚生活を一生涯送ること、それが私の願いでもあります。

ビザ目的ではないと彼らは言うでしょう。
ビザ目的でもあるけれど、ビザ目的だけではない、それも彼らの中にはあるのでしょう。
ただ、信仰の自由、給料は全て渡す、母国には帰らない、これは違うと思います。
口約束はもちろん、例え、念書、公正証書などを交わしたとしても、結婚しビザが取れたら、そんなことは言っていないとしらばっくれたり、それは意味が違うなどと言い訳をすると思います。
これらは逆に信用しないで、99.9%流すくらいに聞いていた方がいいと思います。
それくらい、日本人女性、妻側に寛大な気持ちや赦しの気持ちがなければ、生活はうまくいかないと思います。
実質的に、パキスタン人夫側の要求をほぼ呑み込む形になると思います。

> ちなみに、難民申請に関してですが、就労ビザで来日したが無免許運転してビザが取り消しになり、でも日本に留まりたくて……らしいです。さらに驚愕しました。
> それは嘘ついて留まってるってことなので。

無免許運転が原因で(入管により)就労ビザが取り消しになったというよりも、無免許運転が原因で(就労先により)ビザを取り消されたかもしれませんし、もし、パキスタン人が雇用主だったとしたら、就労先とのトラブルが原因でビザ更新が出来ず、難民申請を行ったのかも知れません。
パキスタン人同士で雇用主、就労者の関係である場合、トラブルが原因で就労ビザ更新ならずということもよくある話です。
今、無免許運転が原因で、誰かが亡くなったというのならともかく、すぐにビザが取り消しになったり、まして国外退去になる例は聞きません。
外国人の無免許運転は、日本ではごくごく軽微な犯罪でしかないのです。
私がChiakiさんの隣で、彼の話を聞いていたとしたら、その何百倍も突っ込みを入れることができる自信がありますが・・・状況が不利となると、すぐに警察に電話し、え?警察沙汰になった(前科のある)あなたが警察に助けを求める?!ビックリポンだわ~!となる恐れもありますので、だめですね。
くれぐれも、もう無免許運転はしないように、他にも日本の法令を遵守することだけは言い聞かせてあげて下さいね。




 

最善の選択

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 5日(水)11時56分42秒
返信・引用
  昨日パキスタン人の夫に別れを告げました。夫は、母国の妻子を日本に呼び寄せて、皆で暮らす事を懇願しましたが、私は、絶対に無理な事だというと、あなたは、皆の幸せを考えないのか?と激怒しました。自分の事だけ考えている卑怯な女とも言われました。秘密裏にパキスタンで結婚して、妻子の存在を隠して続けて居たくせに随分身勝手な事を言っていると思いましたが、言い争いにも疲れ黙って聞いていました。人生の岐路に立った時、自分を見失う事なく、自らの心に正直に行動した方が、後悔する事も無いと考えて別れを決意しました。悩みを抱えると、自分を誤魔化したり、楽に成る事を考えてしまいますが、それは、決して解決にはならないので逃げずに乗り越える事を考えた方が良いと思います。私も、そうに自身に言い聞かせています。この苦しい時間が早く過ぎて欲しいと願いながら投稿しました。  

「パパ、ママを日本に帰して。」

 投稿者:ある母親  投稿日:2017年 3月15日(水)22時50分20秒
返信・引用
  実際にあった、お話を書きます。

あるパキスタン人夫と、日本人妻の間に生まれた、子供達の訴えです。できちゃった結婚から始まり、約20年が経過しています。

5年以上前に、この夫が、「日本は教育費や生活費が高い。ドバイなら良い生活が出来るから、引っ越そう。」そのように、妻は言いくるめられ、日本で生まれた子供達を連れて、移住したのです。しかし、夫は、事ある毎に、子供達に言った事は、「ママとは合わない。パパには、誰かが必要だ(他に女性が必要と言う意味)。」まるで、自分の不貞を正当化するように、言い続けたそうです。

妻は、結婚を機に、イスラム教に改宗し、夫の希望の通りに、ドバイに移住したのですが、夫は夫で、日本に中古車の買い付けに行くと言っては、頻繁に日本を訪れ、日本人女性を何人も騙し、肉体関係を持ち・・・、挙げ句の果てに、気に入った日本人女性に振られそうになると、事実を話した上で、「日本では重婚できないから、パキスタンで結婚しましょう。」と、プロポーズし、また、別の日本女性の間には子供が出来き、他のイスラム諸国では婚活して、そうこうしてる内に、とうとう、家庭内での、トラブルとなったのです。その結果、母親思いの子供達が、見ていられないと、泣いたのです。

子供達は、末っ子を除いて、日本でインターナショナルの学校にしか通ったことが無く、日本語が話せ無いままに、父親の指示通りに海外に引っ越したのです。だから、自分達は日本に順応出来無いかも知れない、でも、ママと離れて暮らすのは辛い。それでも、ママの気持ちを考えると、その状況に耐えかねて、涙をのんで、言い放った言葉だそうです。

この夫ですが、当然、日本人の倫理観、道徳観とは、かけ離れており、お金の為、性の満足の為にと、自分の目的を果たすためには、嘘は、平気で幾らでも言い、自分の家族さえも、騙していたそうです。

もっとも、妻が妊娠する前から、夫は別の女性と関係が同時進行していた過去があり、妻との間に、何人子供が産まれても、「次は、女の子を産まなかったら、離婚する。」と暴言を吐いたり、今はもう50歳を過ぎた妻に、「まだ子供が欲しい。」「お前は、お手伝いさんの様だ、出て行け!」と、平気で言う始末。妻は、今更?と考えて、「お手伝いさんとしてでも良いから、家に置いて下さい。」と、子供達の為に、懇願したそうです。

現在、ドバイからパキスタンに移住したものの、
この妻は、ある日突然、”新しい妻”と、同じ屋根の下に住まわされるかも知れない、状態にあります。

この子供達の訴えから判るように、母親の”真の幸せ”を願わない子供は、本当には一人も存在しません。

Cindy様
大変、失礼ながら、最後になってしまいました。
私自身は日本人と結婚しましたが、国際結婚をした友人を多く持ちます。その大半が、最初の数年から約10年は、日本で暮らしていても、その後に、夫の国へ移住する選択をしています。彼女達は、最初の妊娠後や、子供が産まれてから、夫の国のパキスタンやその周辺国へ行ってみたら、既に妻子がいたとか、後になってから、ある日突然、新しい妻子が現れたりで、その事実を、日本に住む両親や友人達に話せなくて、悩み、疎遠になる者もいます。長年、夫の国で耐えて暮らして来たからこそ、老いを感じて、日本に帰りたいと、本音では思っているのです。国際結婚した手前の体裁や、帰国するための準備の煩わしさ、将来への経済的な不安等から、離婚に対し二の足を踏みながら、精神が病んでいく者もいます。

Cindy様のメッセージは、彼女達の心の支えになっていると確信しています。これからも、彼女達や子供達の未来の為にも、活動を続けて頂けるよう、応援しております。
 

Re: ご相談させてください。

 投稿者:Chiaki  投稿日:2017年 3月 3日(金)08時51分57秒
返信・引用
  CINDYさんお返事ありがとうございます。
すごく参考にはなりました(;_・)

私はむしろ、CINDYさんのブログをはじめ、みなさんの体験談はとてもありがたいと思っています。
こういった場がないと安易な気持ちで結婚してしまって、大きな後悔をするかもしれないからです。
ネガティブな部分を知らずに突き進むのはあまりにリスキーだと思います。

今は私に都合の良い事ばかり言います。
(信仰の自由、給料はすべて私に渡す、母国には帰らない などなど)
ですが私は疑っています。
ビザ目的なのは仕方ないですよね。
ただ、ビザだけが目的なのなら悲しいです。

ちなみに、難民申請に関してですが、就労ビザで来日したが無免許運転してビザが取り消しになり、でも日本に留まりたくて……らしいです。さらに驚愕しました。
それは嘘ついて留まってるってことなので。

おとなしい人で、人を騙したりひどいことをする人には思えません。
私がそう思いたいだけかもしれません。
 

Re: ご相談させてください。

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月28日(火)01時29分54秒
返信・引用
  Chiakiさん、初めまして。
ご投稿どうも有難うございます。
現在、パキスタン人男性とお付き合いされておられるのですね。
ネット情報を読むと不安要素がいっぱいとのことですが・・・すいません。

現在、お付き合いされている日本人女性の方々、またご結婚され、お子さんにも恵まれ幸せに生活を送っておられる方から見たら、そのような方々やパキスタン人の真面目な配偶者をお持ちの方々にとって、私のブログは、Chiakiさんをはじめ、彼女らに不安を与え、むしろ疎んじられる存在なのだと思います。

しかし、同様に多くの方がネットを使い、様々な場所でパキスタン人の悪事を告発をされているのでしょうね。
決して、幸せをぶち壊したいなどと思って書いているのではないのだと思います。

ビザ目的の結婚、母国への送金を行い、パキスタンの家族には贅沢な暮らしをさせているのに、日本人妻子には最低限のお金もよこさず、貧しい生活を強いる、暴力を振るうパキスタン人がたくさんいるのも残念ながら事実です。

Chiakiさんの彼氏さんは、結婚するにあたって改宗を強要はしないし、信仰は自由だと寛大なことをおっしゃっているのですね。
私の元夫は、結婚前に豚骨ラーメンとチャーシューを食べ、寛容さをアピールしていましたが、結婚後は、たまたま注文したピザにサラミやベーコンのトッピングがあった時、全部、棄てろ!と私に命令しました。豚骨ラーメンを食べていた奴がです。
飲酒は、もはやアルコール中毒の域でした。
その副作用(?)で、元夫に困った症状があらわれ、介護もどきも行わなければなりませんでした。離婚に至るまでの数年間は、それが日課になり、私も体調を崩しました。

彼氏さんはイスラム教徒なのだと思いますが、イスラム教徒の子に生まれたら、その子は自動的にイスラム教徒になるそうです。
ですから、Chiakiさんには信仰の自由があると言っていても、もし、結婚してお子さんが生まれたら、パキスタン人にとっては、子は絶対にイスラム教徒であり、離婚調停や裁判になった際は、必ず、どんなバカでどうしようもない夫だったとしても、イスラム教徒の子だと親権を主張してきます。
むしろ、Chiakiさんがイスラム教を真面目に信仰せずに、子にイスラムの教えを施さなかったとまで、批判される可能性があるかも知れません。
しかし、改宗したとしても、同様の主張に加え、イスラム教では親権は父親にあると反論してくる可能性もあります。

重婚も然りです。
改宗しても、改宗しなくとも、俺はイスラム教徒なんだ!妻は4人までOK!と主張されて、そこからの選択は重婚を(不本意であっても)認めざるを得ない状況になるか、別居、或いは離婚になるか、どちらにしろ不快な思いをするだけだと思います。
第一夫人、第二夫人、第三夫人・・・それ以降の女性、例えば、イスラム婚をしていなくとも単に愛人なども作る男がいますから、その女性たちが果たして仲良く、互いを認め合って生きていけるのか?と考えますが、ごく一部の話だと、第一夫人(パキスタン人)は、夫や他の妻も嫌っているが、第二夫人(日本人、ただし日本での正式な妻)と第三夫人(日本人、愛人からイスラム婚で第三夫人に昇格)が仲良く(?)しているらしいという話も聞いたことがありましたので、う~ん、どうなのでしょうね・・・。

それと、彼氏さん、難民申請を行っているとのことですが、日本において、現状、パキスタン人が難民として受理される可能性はかなり低いと思います。
まずは、どういった理由で、難民申請をしているのかお聞きになってみてはいかがでしょうか?本当にパキスタンで迫害されているのか、されているとしたら、どのような迫害をされているのか、聞く価値はあると思います。
母国へ送金しているということですので、妻子持ちでなくとも家族に送金していることもあるかもしれませんが・・・家族は、住む家なりもあって、パキスタンに住んでいるのに、彼一人が難民であるというのは不自然な気がします。

あと、最近、つくづく感じるのですが、私の元夫も含め、日本に住んでいるパキスタン人のほとんどははっきり言って、日本でのビザ目的であった(ある)と思います。
私たちは、先進国日本に生まれ育った日本人ですので、ビザ目的で外国人と結婚することはないと思いますが、パキスタン人はじめ、やはり後進国の人々は、先進国に住み、働き、母国へ送金し、母国の家族に裕福な生活をさせ、母国で自分の日本でのステイタスを自慢するのが喜びなのだと思います。
ここ私が見てきたパキスタン人は、20年以上経っても、その国民性に変化があるとは思えません。むしろ、パキスタン以外での所得を得るパキスタン人が多くなり、拝金主義になり、狡猾になり、ますます貧富の差がひらいてきているのではないのでしょうか。

Chiakiさんが彼氏さんに不安要素をぶつけることで、彼が正直に答えてくれればよいのですが・・・誠実な男性であることをお祈りします。
また、何か困ったことがありましたら、いつでもここにご投稿くださいね。
 

わたしもです

 投稿者:ランカ  投稿日:2017年 2月27日(月)09時02分52秒
返信・引用
  パキスタン人だけでは ないですよ
元ダンナはスリランカ人仏教徒でしたが  重婚でした
母国に妻子がいたのです  そういう人が他にもいました
 

(無題)

 投稿者:匿名希望  投稿日:2017年 2月26日(日)19時40分58秒
返信・引用
  埼玉県草加市、江戸川区船堀のButtに皆様に気をつけてほしくてここに書き込みました。  

ご相談させてください。

 投稿者:Chiaki  投稿日:2017年 2月25日(土)19時21分8秒
返信・引用 編集済
  CINDYさん、掲示板をご覧のみなさま初めまして。
彼氏がパキスタン人です。
しかし、ネットの情報を読むと不安要素いっぱいです。

・改宗不要、結婚して子供ができても信仰は自由だと言います。
・母国へ送金している
・難民申請している(これは最近聞いてびっくりしました。)

などです。
人間的には好きなので信じてあげたいのですが……
妻子持ち?ビザ目的?と、疑ってます。
こんな端的な事では分からないと思いますが
客観的なご意見を聞きたいです。
宜しくおねがいします

 

Re: 感謝しています

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月25日(土)00時20分14秒
返信・引用
  > No.274[元記事へ]

泉さん、私こそ、どうも有難うございます。
ただこのようにお返事することしか出来ず、己の欲望のためには何でもするパキスタン人の前では、無力であることを感じてしまいます。

もし、私に莫大なお金があったら、有力国会議員に強力なコネがあったなら・・・苦しい思いを抱えて悩んでいる日本人妻の方のために、どんな手段を使ってでも、パキスタン人夫を強制送還や永住剥奪をしたり、外国に連れ去られたお子さんたちを連れ戻しに行くのに・・・と思うだけで、お金もなく・・・
自称・敬虔なムスリムが集まるはず(私が知る限り、実際は悪の巣窟)のモスクもまったく役に立たず、困っている日本人妻を邪険にする始末でした。
せめて、パキスタン人の夫に酷い目に遭っていた日本人妻を金銭的にでも助けてくれたら良かったのに、あいつらの勝手な判断で、とにかくパキスタン人夫の顔に泥を塗る日本人妻は真面目なイスラム教徒と認めず、酷い仕打ちをしていました。
どうして、あんな冷たい仕打ちができるのでしょうか・・・仮にもモスクであるのに。
私の知るモスクは、無用の長物でしかなく、悪の巣窟、コスプレして喜んでいる犯罪者が集うものです。今もそれは変わりないと断言できます。
そのように人間性が破たんしているモスクの人々にも、ほんの少しの良心が残っていたら親身になってくれるかもと期待したのが間違いだったのでしょうね。
日本の法律を守ることもなく、良心のかけらもない人たち。
日本にパキスタン的イスラムを、いかにも正当なイスラム教であるかのように周囲にアピールする様は、滑稽に思えました。

モスクが信用できないのなら、私たち日本人妻で何とかするしかないのですが、これが本当に難しいのですよね。
泉さんは、勇気を持って、簡潔なお言葉でここにご投稿くださいました。
優柔不断で、でも己の欲望を捨てられないのは、旦那さんご自身だと思います。
どうして、泉さんのような女性を、妻を苦しめることができるのでしょうか。
日本人妻の方の中には、聡明で、夫のために尽くし、イスラムにも従い、本当にあいつらにはもったいなくらいの女性が多くいると思いますし、離婚された方の中にも多かったです。
パキスタン人ムスリムは、自分には甘く、妻や子、他人には厳しい。
自分の悪事は赦してもらって当然、妻や子、他人はパキスタン人や夫を赦すべきだと主張する。
一体、お前らは、何様だ?と。勘違いも甚だしいです。
愚痴が長くなって、すいませんでした・・・

泉さんがこれ以上、私を含めた他人にお話しするのをためらわれる場合は別なのですが、この掲示板の一番下の方に「管理者へのメール」というボタンがありますので、それを使うと私のメルアドに直接メールが届くようになっています。
お書きになることで少しでもお気持ちが楽になるようでしたら、メールを使って頂いても構いませんよ。
メールですと、私の経験についても色々お話しできると思いますが、泉さんのお気持ちの向くままで・・・少しでも思いを共有できて、楽になれそうでしたら・・・です。

改めて、この掲示板にご投稿くださり、どうも有難うございました。
 

感謝しています

 投稿者:  投稿日:2017年 2月24日(金)11時38分3秒
返信・引用
  CINDYさん私の方こそ言葉足らずで申し訳有りませんでした。CINDYさんのアドバイスは、とても優しく心に響きました。決して離婚の後押しをした様に受け取ってはおりません。離婚出来ないのも諸事情があっての事です。それをお話し出来たら良いのですが…CINDYさんのアドバイスは、私の優柔不断な心に警鐘を鳴らし勇気も与えて下さいました。感謝の気持ちをどうに伝えたら良いかわかりません。有難うございました。  

Re: 離婚届けは、出せないのです。

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月23日(木)18時53分12秒
返信・引用 編集済
  > No.272[元記事へ]

泉さん、お返事どうも有難うございます。

20年以上・・・ですものね。
離婚する、しない(出来ない)だけで片付けられる問題ではないことも理解しているつもりです。
応援していますと書いたのは、決して、離婚を後押しするつもりで書いたわけではありません。申し訳ありません。
自身の経験、また、このブログを通して、知り合った方々の経験をお聞きして、離婚するということが最善の道ではないこともわかります。

泉さんが、離婚しないのは旦那さんへの未練、パキスタンの妻子来日阻止のために離婚なさらないのだとおっしゃるお気持ち、もちろん泉さんと似た境遇でも離婚を選択しない方もおられるのも事実です。言葉足らずで申し訳ありませんでした。

私が離婚をしても、ブログやこの掲示板を続けているのも、元夫への未練だと思う方もいるかも知れないと思ったこともありますが、気にしないことにしています。
とにかく、在日パキスタン人の違法行為、犯罪、日本人妻や子、他の日本人の方々に対し、極悪非道、ヤクザ並みの所業、恩を仇で返すやり方が許せず、同じように被害に遭う方が減るように、今、幸せでもいつ何時、地獄に突き落とすような仕打ちを行うか、自身の経験を通して、記録しておきたいという思いからやっています。

複雑な事情ゆえに、プライバシーを晒してまで、互いにつながることができないことも理解しているつもりです・・・
泉さんご自身のプライバシーが一番大切です。
ここは、独り言でも相談ごとでも何でも、ブログとは違う形で書けるようにしている場です。(ブログに比べると、アクセス数はとても少ないです。)
かえって、私があれこれと余計なことを書いて、泉さんに危機感や不快感を与えてしまったとしたら、本当に申し訳ありませんでした。
後ほど、私の忘備録として、泉さんのご投稿とは別にトピを立てさせてもらいます。
本当に、本当にすいませんでした。

離婚届不受理申請を行ったそうなので、泉さんは、法的にもすでに様々な方法をご存じなのだと思います。
旦那さんは、行政書士に相談しているのですか・・・行政書士に、旦那さんはすべて正直に話しているのか気になりますね。

つまるところ、パキスタン人の多くが一番、欲しがる永住許可を剥奪さえできれば・・・永住許可のために保証人になった日本人(多くは配偶者)が入管に剥奪願いなど提出し、審査の上、剥奪してくれればよいのにと思わずにはいられません。
 

離婚届けは、出せないのです。

 投稿者:  投稿日:2017年 2月23日(木)13時03分30秒
返信・引用 編集済
  SINDYさんアドバイスとお心遣いに感謝いたします。

私が、離婚しないのは、夫への未練とかパキスタンの妻子の来日を阻止する為ではない事をお伝えします。
理由を、ここに載せる事は支障があり、出来ません。夫は、妻子を呼び寄せるために行政書士に相談している様です。私は、無理矢理、離婚届にサインさせられた時の事を考えて、離婚届け不受理申請をしました。
私は、意地を張っている訳では無く、此れからの事を考えて選択しました。私は、これ以上、訳の解らない人達が日本に入国する事も嫌です。
 

忘備録

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月22日(水)20時35分57秒
返信・引用 編集済
  > No.268[元記事へ]

在日パキスタン人の傾向に追加します。

・日本人妻にあらかじめ多額の保険金をかけておく。
日本人妻は外国で殺害するか、パキスタンの良薬などと偽り、毒殺なども有効。日本人妻に持病があればなお良。
殺害に成功した場合、可能な限り、妻に先立たれた不幸な夫を演じる。
殺害を疑われた場合は、速やかに出国する。
・日本人妻に持病、身体障害、精神病などあれば、国からの補助金や障碍者年金が受給でき、感謝される上、所得に関して各種減免も受けられる。

鬼畜の所業ですね。
 

忘備録

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月22日(水)20時10分42秒
返信・引用 編集済
  最近の在日パキスタン人の傾向を忘備録として投稿します。

・観光ビザ、留学生ビザでの入国、投資経営ビザ(ペーパーカンパニーでもOK)、不法滞在、難民申請からの資格変更として、日本人妻との婚姻が永住許可への近道であること。
・日本人妻側からの資金融資、保証人も期待できる。日本人妻に限度額まで借金をさせる。(銀行融資、クレジットカードのキャッシング等の融資含む)
・パキスタン人妻とも婚姻(イスラム婚による日本人妻への承諾、事後承諾も含む)。
子をせっせと作る。
・婚姻ビザから、永住許可取得完了。
・日本人妻には、適宜、飴と鞭を使い分けるが、暴力などで逆らわせないようにしておくのが最も良い。
・日本人妻と離婚。
ただし、事前に、パキスタンへ子を送り込むのが望ましい。
パキスタンの家族は、日本人母や日本、日本人に対する憎悪を子に植え付ける。
日本や日本人母を恋しく思い起こさせるものは、完全に排除。
洗脳完了。
離婚調停、裁判を起こされる前に、在日パキスタン大使館への日本人妻のパキスタン渡航同意書等、提出書類を偽造し、子を連れ去る手段も有効。
とにかく調停や裁判では日本人妻を悪者に仕立て、子の親権を最期まで主張する。
不利になると妻が児童虐待を行った、不義(浮気)を行ったと嘘をでっちあげる。
あるいはイスラムに則った生活をさせていないと主張する。
・日本人妻や親権が取れなかった子については、養育費、慰謝料を払わなくとも、法的な義務もなく、強制力もないので安心できる。
・子の親権が取れない場合でも、永住許可は剥奪されないため、パキスタン人妻は日本での正式な妻として来日でき、永住者の配偶者としてビザを取得。子も同様。
子が15歳以下の場合、児童手当も取得。
子の数は多ければ多いほどよい。
自分の子でなくても、偽造パスポートを取得し、甥、姪、他人の子でも自分の子に仕立て、自動的に永住者の配偶者の子としてビザ取得。児童手当も取得。
・日本に居住して、最短で3年経てば、パキスタン妻子ともども永住許可を取得。
・子は日本で義務教育、更に高等教育を受けるなどすれば、パキスタン人の裕福層やエリート層などとの良い縁談が期待できる。
永住許可を持っているだけでも、良い縁談と新たにパキスタン人を来日させるための招へいビジネスが見込まれる。
・以下、ネズミ算式に日本で、日本人の血が入らないパキスタン人が増える。
・イスラム教徒はマイノリティーだと主張し、差別を声高に叫ぶ、あるいは弱者を装う。
国内外で、イスラム教徒によるテロ行為があった場合、モスクなどで会見を行い、自分たちは真面目なムスリムで野蛮なテロ攻撃者とは違うと主張。
あくまでも、良き隣人であり、日本人の味方だと主張する。
・日本での自営業の場合、所得を過少申告する。脱税も可能。
(パキスタンへの送金は地下銀行を使用)
・自営業が振るわない場合、無職に見せかけ生活保護を申請、受給。
裏の所得は、地下銀行などを使い、あくまでも隠しとおす。
逮捕、起訴された場合、日本の法律や制度を知らなかったと嘘をつく。
日本語がよく理解できなかったなどの言い訳も可能。
・万が一、有罪判決を受けても、永住許可は剥奪されないので、服役後、引き続き日本に滞在することも可能。

20-30年もかけて、これらを全てやり遂げているパキスタン人の多いこと。
これらをもし日本人の夫が・・・と置き換えた場合や、日本人夫が外国人妻に負わせたものなら、国内外問わず、日本人は野蛮だと相当なバッシングが起きそうですが、外国人(パキスタン人)の夫が日本人妻に行ったり、負わせたものだと、マスコミは取り上げるどころか全く問題視しませんね。これらもパキスタン人が有利になっている証拠でしょうね。

>>泉さんへ

>私は、夫がパキスタンに帰る事を望んでいます。自分勝手な、夫の言いなりになる気は、毛頭ありません。

離婚するしないは、私からどちらが良いとか正しいと言うべきではないと思いますし、泉さんのご判断にゆだねるしか方法はないと思うのですが、泉さんの日本人妻としてのみならず、日本人としての矜持を強く感じます。
どうか、旦那さんの思惑に屈することなく、強くご自身とお子さんを守り抜いて下さい。
応援しています!!
 

Re: 真面目な顔した嘘つき夫

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 2月22日(水)01時20分2秒
返信・引用
  > No.268[元記事へ]

泉さん、ご投稿どうも有難うございます。

お気持ち、お察しいたします。
親が決めた話・・・という言い訳はよく聞きます。
それは、日本でも泉さんやお子さんにもチヤホヤされたい、パキスタンではあちらの妻子にチヤホヤされたいだけのただの優柔不断な男です。

パキスタンの妻子には、泉さんと離婚して日本に呼び寄せるからと言っていたのでしょうね。最近になり、せっつかれたのでしょう。
日本人妻と離婚後、パキスタンから妻子を呼び寄せるパキスタン人の多いこと多いこと。
日本人妻と離婚する前に、絶対、あっちで結婚していたでしょう?と思われる確信犯も多いです。

泉さんは、離婚すれば、旦那さんの思う壺だとおっしゃっておられますので、今のところ、離婚に応じる気はないのだと思いますが、泉さんに内緒で、妻を姉あるいは妹。子を兄、姉の子などとと偽造パスポートを作って(20年以上前から行われている古典的な手ですが)、呼び寄せることも考えられますので、家族親族の招へいにはお気を付けください。

旦那さんは、皆で一緒に暮らすことを望んでいるとのことですが、泉さんやお子さんたち、パキスタンの妻子も一緒に日本で暮らすということですか?
どうして、そのような思考ができるのかわかりませんが、実際に日本人妻子とパキスタン人妻子の同居に成功しているパキスタン人がいるのでしょうね。
日本人妻子は、パキスタン人妻子をそうだとは思わずに同居しているかも知れませんね。

私は離婚したので、もし、泉さんが離婚に応じるとしたら・・・の提案になってしまいますが、弁護士を通じて、公的な証書を残してもらい、パキスタン人妻子や家族、親族は招へいしない。泉さんのお子さんが未成年の場合、勝手に外国に連れ去らない。慰謝料や養育費を明記する。それが少しでも滞ったり、守られない場合、速やかにパキスタンに帰国する。などの条件をつけて離婚する方法もあります。
が、私も含めて、ほとんどのパキスタン人は、取り決めを守りませんし、法的な拘束力もなく、強制力もありません。残念ながら、これが日本の現実です。
どちらかというと、戸籍のない外国人は不都合が生じれば、居場所をあちこち変えてしまいますから有利です。
こちら側が様々な訴訟、裁判を起こすとしても、国内でも国外でも逃げられてしまえばそれすら不可能になってしまいます。

離婚しても離婚しなくとも、パキスタン人との結婚はマイナスになっても、プラスマイナスゼロどころか、プラスになることもありませんね。
私はもともと気が強かったのですが、離婚のきっかけになった喧嘩の際に、元夫に、パキスタンに帰り、二度と日本に入国しないで欲しいと言ったら、子供の前で、蹴られたり殴られたりしました。
泉さんやお子さんが、旦那さんの要求に応じないがゆえに暴力を振るわれたり、嫌がらせをされないかどうかが心配です。
本当にお気をつけください。

また、何かありましたら、いつでもご投稿ください。
宜しくお願いします。
 

真面目な顔した嘘つき夫

 投稿者:  投稿日:2017年 2月18日(土)17時49分10秒
返信・引用
  私は、パキスタン人と結婚して20年以上になり、子供もいます。最近、パキスタンに妻子がいる事がわかりました。夫を問いただすと、悪い事をしてしまったが、親の決めた事で自分の意志ではなかったと嘯いています。
私は、離婚を考えましたが、それは、夫の思う壺という事が解りました。妻子を日本に呼べるからです。そして妻子に永住権をとらせる事、子供達の児童手当を受け取れる事などを目論んでいるからです。将来的に永住権を取得した子供達が良い結婚をする事が出来ると、考えている様です。妻子を来日させる為、私に離婚届けにサインして欲しいと言っています。夫は、皆で一緒に暮らす事を望んでいて、私は、夫がパキスタンに帰る事を望んでいます。自分勝手な、夫の言いなりになる気は、毛頭ありません。
 

Re: パキスタン人夫から、見ず知らずのパキスタン人の保証人を頼まれました

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 1月20日(金)01時08分25秒
返信・引用
  JJさん、お返事が遅くなり、すいませんでした。

実のご両親にも相談することが出来ずにおつらい思いをされましたね。
具体的な改善策を提案してもらえないとしても、ただ話を聞いて、あなたの言う通りだね、あなたが取った態度は正しかったよと肯定してもらえるだけでも嬉しいものでしょうけど、ご両親も旦那さんには、何を言っても無駄、どうすることもできないと思っておられるのも知れませんね。

> 改めて、絶対に保証人はやらないと伝え、子供のためにも頑張ろうとは思います。

お子さんたちのために・・・と頑張って、頑張りすぎて体調を崩した方も見てきているので、どうか無理をなさらないでください。
パキスタン人は、基本、変化しないものだと思います。
でも、それにこちらが合わせる必要もまったくないと思います。
奥さんは旦那さんに従うもの!と過去、私もよく言われ従っていた時期もありましたが、従うものの基準が悪すぎるというか、動機が胡散臭いものばかりだったので、反発して夫婦関係は悪化しましたが、正直に行動していたら、後々にもそれが自分自身の身の守りにもなりました。
JJさんは間違ったことをしていませんし、むしろ、旦那さんや見ず知らずのパキスタン人に良いことを教えてあげたと感謝されてもいいくらいです。
お子さんたちもその姿をお手本として、しっかりと見ていると思いますよ。
旦那さんは、反面教師くらいにはなるかもしれませんね。

> 他にもたくさん聞いていただきたいことがありますし、CINDYさんにお聞きしたいこともあるので、また連絡させていただきます。

こちらこそ、いつでもご連絡下さい。
お返事ついでに、私の愚痴まで出てしまいますが(笑)・・・ああ~毒吐きすることで、解放されてる~って感じがしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
 

Re: やはり

 投稿者:CINDY  投稿日:2017年 1月20日(金)00時20分44秒
返信・引用
  > No.264[元記事へ]

なみさん、先ほどのお返事に追記します。

>パキ男って悪いことしているという意識はないんですかね?

悪いことをしているという意識はあるようですが、形勢不利となると被害者になりたがります。中国人や韓国人、朝鮮人がよくマスコミには取り上げられますが、パキスタン人や厚顔無恥な自称難民、多くはイスラム教徒だったりしますが・・・やることなすことは、中国人らと同じですね。
あくまでも自分が一番大切なので、目的を達成するためには何でもやります。

>他宗教の女には何しても大丈夫だと思ってるのがパキ男のスタンダードなのでしょうか?

自分やイスラム教徒が一番正しいと病的に思い込んでいる部分があります
他宗教の女には何をしても大丈夫というよりも、パキスタン人以外の国の人や民族自体を見下げていることがよくあります。
日本人バカ、アメリカ人おかしいとかよく言いますね。
そのくせ、日本やアメリカに住みたがるのですから、あんたが頭おかしいんじゃないの?とずっと思っていました。
愛国心があるとか、イスラムを熱心に信仰しているかというと、それほどでもないことが多かったです。気分次第で意見や考えがコロコロ変わります。

>インスタやブログなどで、幸せそうな日本×パキのご夫婦を見かけますが、正直に向き合うパキもいるってことですかね。ってことは私に騙される要因があるってことですよね。

幸せな夫婦や家族もいるのだと思いますが、私の場合は、本当に幸せだったらブログを書こうとは思いませんでした。

なみさんは「私に騙される要因があるってこと?」と書かれていましたが、騙される方が悪くて、騙した方が賢いとは思いません。
騙そうとする、いくつもその場しのぎの嘘をついて場をおさめようとする、そのような人の方が悪いのです。
なみさんは、彼に愛情を持っていて、二人の関係にジレンマを感じ、彼に正直に向き合って欲しいからこそ、ここに悩みを書かれたのでしょう。
なみさんが誠実な関係を求め、二人の間にしっかりとした基盤を持ちたいと思うまっすぐな女性がゆえに悩んでおられるのだと思います。

彼に、あなたの口から、正直な話をして欲しいと真正面からぶつかる方法もありますが、私は、元夫に真面目な顔をして真面目な話をしたら、すぐにドラマしてる(演技している)と言われて、さすがに真面目に接するがバカバカしくなり、やめました。
人を信じられないほど、嘘ばかりついて生きてきたのでしょうね。
いつ死ぬかと思っていますが、風の噂では、まだしぶとく生きているようです。
なみさんの彼も下手なウソをついたりせず、正直であれば、関係改善の余地もあるのでしょう。
 

レンタル掲示板
/14