teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/449 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二次被害

 投稿者:  投稿日:2011年 4月 4日(月)23時11分21秒
  通報 返信・引用
   福島県の浜通り(海沿い)の子どもたちが避難先で学校に通うことになり、俺の学校でも10人弱の受け入れが決まった。今日、俺のクラスにも原発の20キロ圏内から、女の子が1人転入してくることが判明した。果たしてどんな心境でやってくるのだろうか・・・。


 春休みに入り、今年度6年担任の俺は本格的に修学旅行の準備を始めた。旅行中にお世話になるホテルや施設に連絡をとると、「福島」という言葉になにやら引っかかっているのが表情が見えなくてもわかった。そうか、今俺たちはそういう存在になっているのか。おい、都心のテレビ局!福島県民に入館・見学させるのが嫌なら嫌ってはっきり言えよ!


 関東地方に避難している子どもたちの中には「福島県民だとわかるようにゼッケンをつけてくるように」と言われていたり、福島県民が転入してくることを良く思わずに、学校に受け入れを拒否するよう求める保護者もいるらしい。まぁ、一部のことだろうし、誇張も含まれているのかもしれないが、悲しい話だよ。


 この土日、久しぶりに実家のある会津若松まで足を運んだ。神社の鳥居が崩れていたり、店の看板が曲がっていたりと、思っていたより震度5強の被害は大きかった。会津のシンボル鶴ヶ城も、建物内部に被害はないものの、せっかくふきかえたばかりの瓦が何枚か落ちたようだ。石垣もくずれたらしい。それでもお店はもとのように戻りつつあるよう。スーパーも時間を縮めて営業しているし、外食もできた。会津でもほぼふつうの生活ができていると言っていいようだ。
 今回の震災が地震・津波のみによるものならば、福島県民は街も心も立ち直そうと、めげずにがんばれるのだが・・・。


 次々に発覚する原発の問題。感覚が麻痺したのか、距離が遠いことに安心しているのか、前ほどの不安はなくなってきた。しかし、政府や東電、保安院の見解が正しいならば、「直ちに」健康被害がないということらしい。「直ちに」・・・どうとらえればいいんだ。


 みんなも放射線防護対策は講じるべきだとは思います。体内・体表に取り入れないに超したことはないから。だけど、まぁ数値にもよるが、あまり神経質にはならないでね。そして、福島の野菜、お店で見かけたら是非買って食べてくださいな。


 そして、復興の目処が立ったら、もう一度東北旅行やろう!
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/449 《前のページ | 次のページ》
/449