投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


粘りのアーティストが

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月16日(水)18時22分20秒
  表看板になりつつある?久保師匠。新王位の攻撃に耐え、勝利をもぎ取りました。
正直ホッとしています。今、自分が勝つよりも嬉しいかも。
棋譜を見たら、「流石受け将棋、と思ったら先後逆だった」って投稿があり、思わず笑ってしまいましたが。このまま芸風を変えていくのでしょうか。
戦型は石田流模様対二枚銀急戦。ゴキ中が狙い撃ちされていることもあり、最近の師匠は立石流を連採するなど模索を続けているのが分かります。木村王位が飛車先を伸ばしてきた時に、何と角上がりで受けたのには驚きました(もっとも飛車上がりでは△6五歩がうるさいか)。その直後にいきなり派手な切り合いになり、先に敵の飛車に成り込まれてしまいました。△5七桂の金取りがキツそうですが▲5八金と上がって耐えている?この後、自陣竜と角打ちで受け師の攻めを完全に切り取ってしまいました。仕上げは光速の寄せ久保バージョン。いや、格好いい!!応援しますから何とか残留して下さい。聡太斬り以外は話題にも上らず、苦しい戦いが続いていますが、再び表舞台に登場する日が来ることを信じています。
 

ポスト聡太との戦い

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月14日(月)17時52分39秒
編集済
  小学生との対戦も増え、慣れてきた面もありますが、相変わらずやりにくい。
大体、(道場)四段、五段も珍しくなく、我々大人が出る大会で普通に優勝したりしますからね。
私が煙草を吸うなら、煙を吐きかけたくなる行儀の悪い子も正直いますね(苦笑)。明らかに周囲の大人を真似たと思われるちょっとした仕草が嫌味です(たとえば駒台の駒に触ったり)。まあ本人のせいばかりではないでしょうけど。
昨日はそんな小学生が相手の一人で相振りとなりました。まあ5秒以内でポンポン時計を押してくる。内心ムカついていましたが、ここで調子を合わせるとズッコケるのはオヤジの方です。先手のS君は教科書通りの向飛車、対する私はいつものように四間飛車(相振りでは腰掛銀四間飛車を愛用しています)。1筋の端を突き合った後、S君が不用意にコビンを開けたのが運の尽き。5五銀とぶつけて飛び出した角が王手になり、指し易くなりました。この辺りで漸く超早指しがストップし、考え込むシーンも。彼らに攻めさせると調子づかせるので、少し無理気味でもひたすら攻め続けます(相手の嫌がることをやるのが将棋ですからね)。幸い得意のウッカリも出ず、そのままの流れで終局となりました。
投了の二手前、当たっていた飛を取られたのですが、感想戦で「この辺は『負かしてくれ』って感じだったんですけど」ですって!これが小学生の台詞か?!最後に「どこが悪かったですかね」と謙虚に訊いてきたので、「コビンを開けたのが不用意だったかな」と返して、少し気分がほぐれました。いや、誰と戦っても楽ではないですが、オヤジ棋士にとって年少者は余計なプレッシャーが掛かります(汗)。
 

全国レベルは知りませんが

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月14日(月)07時49分5秒
  全道大会で優勝する人がどの程度なのか、肌で分かりつつあります。
昨日の相振りでも筋違い角を打ち、相手の表情が変わったのが分りましたから、後は自分の読みをどれだけ先まで伸ばして、裏付けていけるか。正直いけるかも、と思っています(図々しい)。
北海道出身の棋士はかつては五十嵐豊一、二上達也、佐藤大五郎、北村昌男、勝浦修等々、現在も広瀬章人、屋敷伸之、野月浩貴、石田直裕と割と揃っていませんか?冬はスキー・スケートしなければすることが無いので、むしろもっと戦えても良いと思いますけどね。
私が将棋部の顧問をしていた学校の卒業生は立命館に進学し、この間将棋世界見たらある県の代表になって決勝トーナメントで稲葉陽の兄上に負かされていました。
強い人の将棋を、感嘆符でしか鑑賞できなかったのを「こう指せるかも」と考えられるようになっただけでも儲けものです。ソフトは誰でも使いこなせる訳ではないので、自分に合った方法で勝てるようになります。
ラグビーのお話、面白いですね。考えたことを的確な判断の基に瞬時に、しかも効果的に実行できるって凄いですよね。将棋なんかまだまだと思ってしまいます。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2019年10月14日(月)06時05分24秒
  戸部攻めは決まって勝てるとうれしい指し型なので
活躍してほしいですね。

昨日の将棋フォーカスではアマ名人戦の様子を放送してました。
北海道代表の方は強いようでね。
アマの大会だとレベルがたかいのかもしれないですね。
ソフトばかりと指して代表になった60代の人もいましたね。

>ごめんなさい、全然関係ないですけど。
ラグビーはルールよく分からないですが、私も見てて熱くなりました。
タックルされて崩れ落ちるところをギリギリで次につないで
するするっと抜けていくところは、捕まりそうなところで1手早逃げして
焦点をずらして逃げていく入玉を彷彿とさせました。笑

 

ラグビー決勝トーナメントへ

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月13日(日)21時52分30秒
  ごめんなさい、全然関係ないですけど。
やるもんですね。本気で優勝を狙っているのかも。
私も負けられないですね。
 

相振り4連続

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月13日(日)21時26分14秒
  管理人さん、ご返事いつもありがとうございます。
そうなんです、戸辺君には正直頭にきています。あんな負け越しの成績でヘラヘラ笑って解説に出ているんじゃねえよ!!!横浜スタジアムで始球式しているんじゃねえよ!和服を着る所は別の場所だろう!!!!!いや、ご本人が一番悩んでいると思いますけどね。頑張って欲しい。
今日は札幌遠征です(明日休みなので)。相振り飛車4局も連続で指すと頭が疲れます。その相振りは2勝2敗。負けは2人とも道場五段の格上でした。無論悔しいことには変わりありませんが、良くなる順を見送ってしまったことが情けない。交換後の銀を中段に打ち付ける手でしたが、それが指せないのが今の実力。升田大先生の棋譜も買ったことだし、精進、精進!
対抗形は2戦2勝。型にはまれば、ネ。振り飛車の終盤ってある程度パタンが決まっていますよね。「美濃囲いの凌ぎ」の本も出ているくらいですから(できるだけ眺めるようにしています)。そこをプロがどう考えているのか。管理人さんの仰っている「逆算」ですよ。
余談です。本を沢山買ったので、財布に千円ちょっとしか残っておらず、焦りました(苦笑)。
それから帰りの電車は鹿と衝突。遅れたけどしかたない。お粗末!北海道らしいでしょ?
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2019年10月13日(日)08時09分46秒
  羽生・渡辺戦見ました。
戦いが本格的に始まる前に細かい駆け引きがあるんだろうけど
この戦型をよく知らない人には細かすぎて伝わらない感じですね。

>やっぱり振り飛車党はプロも含めて勉強不足ではないでしょうか。
>いや、勉強はしているとは思いますが、勝ちにつながる勉強になっていないというか。
私が考える勝ちにつながる勉強は、自分が先攻できる形・中盤の相手に手を出させるような形を
たくさん抑えることですね。相手にすると苦手な形とかまだまだあるので。
そこから逆算して序盤の精度を高めることですかね。私は残念ながら終盤はちょっと苦手です。。

NHK将棋講座の戸部攻めは見ていてなかなか参考になる内容だったけど
戸部さん本人は不調ぎみなんですね。講座も中飛車だったので
がんばってほしいですね。

加藤一二三 vs. 大野源一 九段戦見ました。
開始日時が1961年でした。。。
今でも振り飛車党が参考になりそうな棋譜がいっぱいありましたね。
 

人生の手順前後

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月12日(土)07時07分41秒
編集済
  振り飛車党列伝6 戸辺誠1
この方には裏切られています。勿論片思いですが(笑)。いや、笑いごとではないんですよ。
まだ30代前半で、弟子を何人か取られている。大したものです。幸せなご家庭もある。でも、だからこそ、もっと「ご自分の」将棋の研究に充てて頂きたい。団子坂だか橡坂だか知りませんが、綺麗なオネエチャンを前に鼻の下を伸ばし過ぎたのではありませんか。ここまでの10年間で天彦前名人との間に大きな差がついてしまいました。残念至極。
玉を固めて積極的に動く、細い攻めを繋いで寄り切る将棋は振り飛車の王道。勝つ時は本当に格好良いので、まだまだ自分に見切りをつけることなく、「何が足りないのか」自分とキチンと向き合って不調を抜け出して欲しいです。
多分、戸辺君は付き合ったら気持ちの良い人で、頼れる友人にもなれるであろう予感があります。でも、それが彼の進歩を妨げているとしたら何とも皮肉。とにかくこのまま埋もれて欲しくないエースなのですが。
 

勉強不足

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月12日(土)05時45分28秒
  朝起きて、この間の羽生・渡辺戦を並べたんですけど、戦いが起こるまでの手待ち?は私にとっては意味不明。異なる感覚の人と対峙するのって難しいなと改めて思いました。
私自身は勿論ですけど、やっぱり振り飛車党はプロも含めて勉強不足ではないでしょうか。いや、勉強はしているとは思いますが、勝ちにつながる勉強になっていないというか。
大野源一曰「それなら振り飛車を指せばいい。振り飛車は楽だよ」。研究の範囲が狭くて良いというアドバンデージのはずが、逆に何かが足りないという欠陥になっているような気がします。私なんか足りない所だらけで困っていますが、ある程度のレベルに達した方々は「振り飛車必勝法」を編み出すチャンスがあると思います。
 

残念その2

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月10日(木)18時56分26秒
  振り飛車党列伝5 森安秀光1
九段の棋譜は、まだそんなに並べていませんが、粘着流の異名を冠するその指し回しは二日酔いでの対局とは思えません。丁寧な受け、形に囚われない指し手は、歴代の振り飛車党の中でも個性的な将棋だと思います。大野・久保の振り飛車とは対極にあるように感じますが、大師匠とは少し違うように思います(ただ、大師匠の指し手を最も良く当てていたそうです)。
晩年は(恐らく)飲み過ぎが祟り、力を出し切れないままB2まで落ちてしまいました。あのような形で早世されるとは、ご本人もご家族もやり切れません。
色々な意味で、もう二度と出ないタイプの棋士でしょう。
 

残念

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 8日(火)19時50分36秒
  棋王戦、観ましたが、久保師匠負けてしまいました。
終盤の入口では少し良いと思っていましたが、と金で1枚金気を剥がされたのが痛かったです。
グッと我慢して受けに回るのでしたか。天守閣美濃は上から攻められないと広いですね。
私の手の予想が当たりだしてからはチャンスがなかったようです(苦笑)。
何とか順位戦を盛り返して頂きたい。聡太戦で力を使い果たしたなんて言わないですよね。
頑張れ、久保利明!!
 

そうでしょう(ニヤリ)

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 6日(日)21時09分56秒
  振り飛車党列伝4 大野源一2
升田幸三曰「大野さんは臆病である。おっちょこちょいな所もある」。玉を固めてひたすら攻め続けることを理想としていたためか、自玉を薄められるのを極端に嫌ったそうです。しかし、大野師匠の穴熊はまだ拝見していません。指していないのかもしれません。ゴキ中とか、現代の棋士より上手に指しこなしそうですね。類型の棋譜など何もなかった時代にこれだけの完成度。うなるしかないです。対二上戦、対加藤一戦等に振り飛車党が並べて幸せになる棋譜があるので、どうぞご覧下さい。あ、大師匠との対局でも格好良いのがあります。袖飛車の棋譜なんか、絶対大師匠はこれを後年参考にしたと思いますね。
一方で塚田正夫九段との対局で王手が掛かっているのをウッカリしていて「悪いけどこれ(玉将)は貰っておくよ」と言われたトホホなエピソードもあったとか。毒舌家であったようですが、無類の好人物で、「大野、加藤博、○○(忘れました)と喧嘩をしてはいけない。それは(喧嘩をする)あなたが悪い。あなたが周りから責められるよ」とのことでした。
江戸っ子なのに、何故大阪に出てこられたのでしょうか。でも東京では振り飛車名人にはなれなかったでしょうね。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2019年10月 6日(日)20時35分40秒
  >大山命さん
大野源一の棋譜をさっき初めてみました。
角交換の振り飛車とか普通にさしてましたね。
今でも通用するような指し方でしたね。

>「升田先生、好調ですね」「バカ、順調と言え!」
昔の棋士は破天荒な人が多かったですね。最近はAIで機械的に答えが出てしまうけど、
昔の棋士には今とは違う人間味がありましたね。
プロではないけど、大会で優勝して借金取りが待ち構えている人とか
今ではいないですからね。笑

>本来であれば棋譜投稿の案件ですが、私にはそこまでの記憶力が無い(泣)。
案件というと仕事みたいですが、仕事ではないので大丈夫です。笑
私も結構うろ覚えですね。
 

歩切れは痛い

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 6日(日)06時54分37秒
  昨日の例会で久しぶりに四間飛車を指しました。今、三間飛車ばかり指しているので違いを改めて体感?しておこうというのが狙いの一つ。もう一つ。「列伝」にも書きましたが、大師匠は、特に先手三間飛車で思うような成績を上げられていないことがデータから判っています(他の筋が強すぎるので目立つだけかもしれませんが)。そうすると同じ振り飛車党でも向き・不向きがあるのかなと。皆が嫌がるから、調べられていないから、そういう理由で三間に振っていますが、私自身の適性(あるのであれば)を今一度はっきりさせたいということです。もうチャンスもそんなに残っていないと思うので、勝つためには手段を選ばないと、です。
相手は対戦成績でほぼ五分の方で、対振り飛車は急戦一本。勉強させて頂いています。
5七銀左を迎え撃つことになりました。4一金定跡(テンテーの「四間飛車の急所4」より)から、3二に上がってみました。受けが弱い私は金が左に行くのに心理的な抵抗があります(苦笑)。角交換になり△3三桂・△3四銀の形になり、そこで「何にもないだろう」と甘い判断で銀で▲2五歩を取ってしまったんです。そこから▲7五角で飛のコビンを狙われゴチャゴチャになり、気が付いたら何とか余していましたが、△3三桂が相手の飛の侵入を押さえていたこと、居飛車側に歩が少なかったことが幸いしたようです。本来であれば棋譜投稿の案件ですが、私にはそこまでの記憶力が無い(泣)。皆さん、どうしてあんなにご自分の将棋を正確に覚えていらっしゃるんですかね。その辺が力の差なのかな。
 

将棋の天才

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 5日(土)19時42分44秒
編集済
  振り飛車党列伝3 升田幸三1
病弱であることを公言されていた升田名人上(自称)。大師匠と同等の体力と運があれば、と升田ファンは思う。
さて、升田先生の振り飛車は、個人的には大師匠と大野師匠の中間のような感覚です。積極的にポイントを奪いに行くところは大野流、しかし自陣竜や自陣馬のような粘っこい指し方も得意である。知る人ぞ知る受けの達人ですから。何より語り継がれるのはやはり升田式石田流。現代の早石田はここに源流があります。ある時から「順位戦では飛車を振る」と宣言され、A級順位戦では全て振られていたのは有名な話。将棋の天才ですから、居飛車戦が研究将棋になっていくのを見通しておられたのでしょうか。地力は頭一つ二つ抜けていた訳ですから力勝負になり易い振り飛車は作戦選択としては至極妥当。得意は三間・中(特にひでちゃん流)・向(升田式と名が付く戦法も)。四間飛車は、弟弟子である大師匠を意識されたのか、多くありません。
「升田先生、好調ですね」「バカ、順調と言え!」
 

私的

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 5日(土)07時03分30秒
  振り飛車党列伝2 大野源一1
自称「振り飛車中興の祖」。でも振り(不利)飛車党であれば誰もがそう思っています。
天才という言葉は安易に使いたくないですが、捌きが振り飛車の本質であるのなら、正に天才そのもの。漸く時代が大野師匠に追いついたのです。相居飛車ですら定跡が未整理の昭和の中盤、感動の棋譜を沢山残して下さいました。そのスピード重視の棋風は端歩の省略にも表れています。しかしこれは居飛車からの端攻めへの警戒の裏返し。得意は三間・中。タイトル戦における先生の活躍が観たかったです。弟弟子二人が強すぎました。
 

突然ですが

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 5日(土)06時48分47秒
  「私的」振り飛車党列伝 その1 大山康晴1
やはり大山命としてはこの方がトップバッターにして四番にしてエース。
ここまで最も棋譜を並べさせて頂いた私にとって文字通りの大先生です。他の方々も仰っていますが、大師匠の振り飛車は捌きは二の次、三の次。従って得意は四間・中、不得手は三間。端歩は両方突く。5筋も突く。扇子や色紙に「忍」と好んで書いておられたそうですが、我慢比べなら誰にも負けない。「中盤の大山」は終盤に入る前に「押したり引いたり」で勝負をつけてしまう怪力の持ち主でした。大師匠の何百分の1で良いので受けのセンス(扇子)が欲しい所です。
 

追伸

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 3日(木)20時09分39秒
編集済
  藤井vs橋本戦、アップされましたよ。
飯島流撃沈!です。私も結構気持ちよく勝てます。他には阪口六段が穴熊を用いて速攻を仕掛け、快勝しています(対浦野戦だったかな?)。それこそ、テンテーの対羽生戦は名局です。いずれにしても序盤早い段階で中央を狙うのが良いと思います(引き角なので中央への睨みが無い)。私もこの場合は例外で迷わず5筋を突きます。
 

是非

 投稿者:大山命  投稿日:2019年10月 3日(木)19時55分59秒
  一度大会にご参加下さい!!
無論私は優勝したことが無いので、偉そうなことは言えませんが、道内であれば地区大会でも(場合によっては道場内のトーナメントでも)道場五段以上は必要でしょう。「道場によって(レベルが)違うのでは?」という疑問は当然持たれるかと思いますが、それがおかしなもので四段、五段に名札が掛かっていた人で弱いと感じた人はこれまでいませんでした(感じられるくらい強くなりたいものですが)。管理人さんは関東在住でしたよね。そこで勝ち抜くには、やはり最低それくらいの棋力が要求されると思います。負けたら確かに悔しいですが、勝つことを夢見て、今日も精進です!!
順序が逆になってしまいましたが、ご助言有難うございます。特に私の場合、5筋をいつ突くか(あるいは突かないか)が課題になっています。中飛車ならひでちゃん流(山口英夫八段。あ、ご存知ですよね)でなければ絶対突くのでしょうけれど(笑)。何だか5筋突くと美濃囲い(穴熊もか)の3九(7一)がスースーするのですよ(苦笑)。
木村新王位については、そう、良いモノ見せてもらったなあ、報われて良かったなあと思いました。それと、一方で名人も完全アウエーで可哀そうだなと思いました。名人も将棋ロボットではなかったのですね(失礼!)。対局中は表情その他が殆ど変わらないので、つい。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2019年10月 3日(木)06時43分43秒
  >大山命さん
木村王位の対局を後から見ました。局後のインタビューで家族の質問で
感極まっていましたが、記者は泣かせに行ってるなあ、と
見ていましたが、こっちもちょっとだけグッと来したね。笑
将棋の内容も王位にふさわしいものでしたね。

大会お疲れさまでした。確かに負けた人が後から強い人だった、と分かると
なぜか自信が出ますよね。笑
相手の指し手に的確に対応する、というのは過去と似たような序盤でも
数手先の相手の狙いを事前に読んで、気づいたら指しづらくなった、
という展開を避けるようにすることですかね。自分もできていないことを
アドバイスするのはモテない人が恋愛のアドバイスをするようで恥ずかしいのですが。笑

大会で優勝するには棋力ってどれくらい必要なんでしょうか?
(個人で大会に出たことがないもので)

テンテーの棋譜はまだ将棋DBにアップされていないようです。
飯島流への対策をみてみたいですね。
 

/34