<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「筋」について

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月11日(日)07時33分46秒
  将棋でも「筋」というと色々な意味がありますが、振り飛車を指す人にとっては「どの筋に振るか」ですね。
3年前に勉強をやり直してから、「自分はどの筋に振るのが最も勝ちやすいか」を模索してきました。
最初は三間飛車でした。四間飛車よりも指されておらず、(プロほど)対策も進んでいないので、勝てています。でも私には向いていないのかもしれない。大山将棋による「洗脳」で(苦笑)、なかなか捌いて勝つ振り飛車が指せないのですよね。筋が一つ違うだけでここまで将棋の作りが違ってくるものかと、将棋の奥深さに思わず唸ってしまいます(笑)。
私にとって三間飛車は積極的にリードを奪う作りなので(まあかつての軍曹のような将棋もありますけど)、指し手の軽重に差がある。元々読みが浅く、実戦も短い持ち時間しかないので、序盤から中盤までにあまり時間を掛けられない。そういうこともあって、最近は気が付くと四間飛車になっていることが多いです(20年前はこれしか指せなかった)。
今、プロ棋界で最もよく指されているのは恐らく中飛車で、結果も残されている印象です。しかし、私は左の金銀移動のテクニックに難がある(苦笑)。徹頭徹尾中央突破を目指して勝てるのはやはり初段までですよね。将棋史上最も中飛車で勝っている大師匠の将棋をもっと勉強しないといけません(笑)。始めに仕掛けを封じることができれば駒組勝ちが望め、最終的に勝ちやすい形にもっていけます。ところがここで問題になるのが居飛車側の思想の変化。「まず振り飛車よりも玉を固めておく」。居飛車が急がなくなったのです。ゆっくり指そうという相手にはどうするか。お付き合いする考えと、駒組完成前に積極的に隙を衝いていく考えがありますが、これはもう、哲学的には振り飛車と居飛車が逆転している(笑)。よって、私のような臆病者にも臨機応変に対応する手法が求められている訳です。
最後に向かい飛車ですが、これは振り飛車の中でも実行場面が限定される作戦で、長いスパンで読みを入れられ、しかも緻密な考えの人でないと指しこなせないように思います(それこそ詰む詰まないまで調べていないと)。ピンポイントで使うと、相手が慣れていないので結構勝てるんですけどね(笑)。数は少ないですが勝率も八割超え。でも練習だから使えるので、大会では指せません、私には。
結論。将棋は深く、面白い。
 

2020年度名局選2

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月11日(日)06時26分55秒
  会長の振り飛車!勝局はどれも(笑)。
何度かここでも触れていますが、観る将40年以上の私にとって、佐藤会長の(将棋の内容についての)激変ぶりは驚きで、それが成功したのも若い頃に培ってきた読みの力が土台にあるのだなあと思います。最近は特に後手を引いて、相手が居飛車党の難敵に対しては殆ど振っているような印象がありますね。どれも角交換を生かした面白い内容で、勉強になりますが、真似はできない(苦笑)。その割には星は上がっていませんが、今期のご活躍も期待しています。
昨日の叡王戦(対森下九段)も快勝でした(素人目には割合よく見るタイプの将棋でしたが。(^o^))。居飛車党であるという前提も重要なのかもしれません。
 

例会より

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月11日(日)05時17分27秒
  新年度が先週より始まりました。集中力を最後まで切らさず戦うことを心掛けています。
昨日はいきなり4枚落ちの上手で苦杯。下手は小学4年生ですが、間違えてくれませんね(苦笑)。戦力が多い方が勝つのは当然ですけどね。2枚落ちになっても勝てるかどうか正直自信がありません。
平手は3連勝でしたが、中盤までの貯金を吐き出して負けにした将棋が1局ありました。右四間(片銀冠)の突進を受け止めて、馬まで作って良いはずなのにこちらから(飛が)向かい合った4筋に歩を打ってしまったのが間違い。歩切れになり、動きが取れなくなりました。止む無く捌き合いに応じ、竜は作ったものの戦力不足。上からも横からも攻められ、受け無しに。最後のお願いの銀打ち(タダの王手)に相手が逃げ方を間違ってくれ、命拾いしましたが。改めて、「良い形から好手が生まれる(悪い形からは悪手が生まれやすい)」ことを再認識しました。まだまだ勝負所での読みが甘いです。(>_<)
 

挑戦者先勝

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 9日(金)05時51分53秒
  昨日、名人戦第1局が終了。
名人が四枚矢倉から穴熊に潜り、挑戦者は今風の?土居矢倉。棋風通り名人の攻め、挑戦者の受け?という展開になりました。元々強度に劣る玉型故、名人の鋭い攻撃に挑戦者の形は歪み、持ち角を殆ど受け一方に手放さなければならなくなり、二日目は夕方まで名人のペースで進行。おかしくなったのは夕食休憩後でしょうか。解説の通り、細く見える攻めを繋ぐのは棋界一の名人が押し切るかに見えた局面から、挑戦者の辛抱が実りはじめます。ここで名人が弱気?ではないですが、一貫性を欠いた安全策のような手が散見されるようになり160手を過ぎた辺りで大逆転。穴熊故、逃げ出すこともままならず、無念の投了となりました。
私自身はまだキチンと棋譜を追っていないので、詳細なコメントはできませんが、負け方の悪い名人はショックでしょうね。しかし、これでシリーズが面白くなったことは事実です。さらなる熱戦を期待します。

次は藤井聡太ではなく、中七海特集を計画しています。その前に「続」2020年度名局集かな? (>_<)
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年 4月 8日(木)06時53分44秒
  >大山命さん
西やんが年60局指さなければいけなかった、と具体的に説明されると
大変さがなんとなくわかりますね。対戦相手の対策を練る時間も減るので。
戦法の幅が狭いのは、リーグ戦をずっと戦い続ける上では不利でしたね。

中さんはまだ棋風もよくわからないので、今のうちにするするっと抜けられるといいですね。
 

大嫌いな金無双を使っても

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 7日(水)20時58分13秒
  師匠は勝つ。久保vs山崎(竜王戦)です。
振り飛車党で金無双が好きって人は私は知りませんが、本局は山﨑対策だったのでしょうか。都成七段や大橋六段の将棋なども参考にしつつ、自分のモノにしてしまう。日々進化していく久保振り飛車です。
珍しく、山ちゃんが普通の△5三銀右の急戦かと思いきや、何と雀刺しに変化しました。が、居飛車が攻め込んできた瞬間に反撃をかますのが振り飛車です。駒損はしましたが、飛角とも成り駒になり、十分にお釣りが返ってきました(笑)。あとは光速の寄せ、金無双は無傷で終局です。確かに▲3八玉なら振り飛車からの端攻めも問題ないですね。
さて、この勝利で師匠は決勝トーナメント出場が決定、その前に多分軍曹と当たると思われるので、王座戦の借りを少しでも返しておきたい。そして本戦では将棋マシンをねじ伏せて挑戦者になって欲しい!!今年度中にはまず間違いなく八百勝も達成できるでしょう。大活躍を期待しています。 (^_^)
 

次は中さんに

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 6日(火)17時33分48秒
  西やんが女流に転出したので、中七海を応援するしか(当面の選択肢が)なくなりました。
でも情報(棋譜)が、それも最近の―が極端に少ない。前期も1勝2敗ペースだったしねえ。(>_<) 三段リーグで勝ちまくれば、自然皆が注目するようになるだろうし。ここ2年くらいが勝負でしょうね。西やんが上手くいかなかった原因の一つに彼女の将棋が丸裸にされたことがあると思います。女流や男性ロートルをなぎ倒した棋譜がライバルの目に触れましたからね。それは(彼女の将棋を)並べますよ。
そのような訳で、中七海が文字通りセンターとして認知される時は逆に試練が訪れることにもなりかねない訳で。人目に付かないうちにサクッと卒業できないかな?!密かに応援するだけですね。
因みに十年前の棋譜を観ると、ヤマネコを相振りでボコボコに攻め倒しています。今も振り飛車党なら、更に応援に熱が入りそうです(笑)。
 

引退

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 6日(火)06時05分28秒
  橋本八段が引退しました。「えっ?」ですが、その後のニュースを知ると「将棋どころではない」ということなのかな。ご本人も不本意だと思います。  

体力差

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 5日(月)06時09分13秒
編集済
  西やんが残念なことになって、憤懣やり方ない私(大山命)ですが、その原因には連盟の方針が大きいというのが個人的な見解です。詳細は既にここ(板)に何度か書いているので繰り返しませんが、つまり奨励会三段は年36局戦うことが約束され、香奈ちゃんや西やんは加えて女流棋戦を20局以上こなさなければならなかった訳です。計60局!毎年男性棋士の何人がこの数を越えていると思いますか?渡辺、豊島並でしょう!これはもう「逆ハンデ」ではないですか。プンプン(苦笑)。

で、将棋から少し離れて音楽の話。YouTubeをはじめ過去のライブ等が配信される良い時代になったものです。私もエルトン・ジョンのイマジン(1980年のコンサート)を聴いて涙を流したりしています。その中で、バングルズという女性バンドが私が学生時代に活躍していたことを思い出し、映像を何本か観ていました。それで気が付いたのが、投稿されたライブが皆1時間程度なんですよ。編集もされているのでしょうが、男性のバンドでは2時間超のライブ映像(コンプリートとか添えられていて笑えますが)も稀ではないのに、これは何なんだ?「もしかすると彼女達は長時間のライブが体力的に難しいのでは?」。まあ調べた訳ではないので貧弱な仮説ですが、いまジェンダーが何だとかうるさいご時世ですが、体力面での男女差は明らかです。昨日池江選手が代表内定なんてニュースがありましたが、彼女が瀬戸君と隣のコースで泳ぐなんて考えられない訳で。私は生物の教員ですが、そもそも雌雄は別種の生き物ですから。

私が生きているうちに女性棋士が誕生して欲しいので、連盟は利権のことは横に置いといて(スポンサーの問題がシビアだということは理解しますが)、その辺りのことを熟考して頂きたいものです。そして現制度を早急に改善!先を読むのは(私より)得意でしょ?! (>_<)
 

恐るべし終盤力

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 3日(土)21時02分26秒
  NHK杯出場者決定戦を拝見しました。
西やん、流石の怪力で劣勢を跳ね返しました。相手が少し混乱する受け方が参考になりました(私ならノータイムで▲4八金左。▲4七銀とは打てません)。香奈ちゃんは勿体ない将棋を落としましたね。今後のことも考えると、負けが響きそうな対局でした。
私ならまず目障りな▲7五角を追う手を探し、また先手が受けに回った時点で▲9四香を取りに行く手を考えますね(そのために△9九飛と打ったのかと思いました。いくら西やんでも▲6九金を取らせる訳がないので)。ゆっくりと△9四飛成と裏返して「攻め(駒)が無いでしょ、どうなさいますか?」って感じで。
勿論、私があの場で指していたら、どうしようもない将棋になっていたと思います。よってお二人のご健闘に◎。お疲れ様でした。管理人さんが仰るようにドキドキの面白い将棋でした。
 

袖飛車は使える!

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 3日(土)18時19分21秒
  あくまで私レベルの話ですが、ツノ銀からの袖飛車は十分急戦に通用しました。
今年度、第1回目の例会でした。前回用いた時には態度を明らかにするのが早すぎて備えられてしまいましたので、タイミングを遅らせて振り直しました。向こうも袖飛車で(笑)、こちらの角頭を狙ってきたので▲7五歩に合わせて△3五歩の地獄突き。まさかの玉頭取り込みが通り、銀桂交換ではありますが、優勢に。終盤は居飛車の見落としもあり、快勝でした。プロでも誰か試してくれないかな。「21世紀に甦る大山袖飛車」なんてね。(^_^)
 

私の選んだ2020年度の名局1

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 3日(土)06時24分56秒
  6月号の将棋世界で名局十戦が紹介されるでしょう。それに先駆けて私的な名局を披露?します。(^_^)

まずは師匠、久保利明。
ついこの間?の対木村戦(竜王戦)、対千田戦(順位戦)の2局は外せないですね。「私に対して急戦を挑む人は殆どいなくなった」は決して大言壮語ではないことが証明された将棋でした。もっとも超急戦ではダニー戦があったので、これは研究課題ですね。隙ありと見て仕掛けた糸谷八段を誉めるべきでしょう。
対屋敷戦(棋王戦)も鮮烈でした。私の仮説?「玉頭銀はエルモに有効」が証明されました(笑)。何とかの一つ覚えで「急戦はエルモ」と安易に考えている居飛車党の呆然とした顔が浮かびますね。
王座戦の勝局はどちらも(別の意味で)記憶に残った将棋でした。将棋の作りとしては第2局が良いですが、第4局は「負けない将棋」を標榜する軍曹を必敗の局面から粘り倒した「粘りのアーティスト」ぶりを見せつけました。(勿論、折角先手番を握った最終局は残念でした。)
師匠は対抗形で居飛車を持ってもホント上手いです。対西田戦(王将戦)、対石川優戦(棋王戦)は両方とも居飛穴に組んで三間飛車を迎え撃った将棋です。ご自身が潜るということは穴熊が得意ということもあるでしょうけれど「居飛穴が対振り飛車の作戦として(依然として)有効である」との認識の裏返しなのでしょうね。それで、師匠が凄いのは居飛車を持っても、綺麗に「捌きのアーティスト」なんですね(笑)。西田戦はそれが顕著に表れていると思います。

まだあると思いますが、長くなったのでここで一旦切ります(苦笑)。
 

ガジガジ流炸裂!

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 2日(金)18時32分28秒
  高野vs藤井猛、王将戦予選です。
昨期は冴えなかったテンテーですが、本譜はらしさが存分に発揮された将棋でした。
高野五段は流行?の▲6六角出から地下鉄飛車を匂わせます。対して、テンテーはシステムから中飛車に移動し、中央突破の構え。居飛車が次に飛を端に回ると見せた瞬間に△6五歩と仕掛けました。中央でまんまと1歩交換に成功し、木村美濃を作りながら△5四銀左→△5五銀と好位置に活用。居飛車は攻める暇がありません。更に角を△4二に引いて△5七歩を利かせた後、質駒の▲8六銀を喰いちぎります。この角は▲7七桂をも手に入れる大活躍、あっという間に先手玉を受け無しに追い込みました。格好良いですね。(^o^) こういう将棋を本番(大会)で指してみたい(笑)。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年 4月 2日(金)06時43分48秒
  >大山命さん
もう17年にもなるんですね^^
棋力向上はまだまだいけると思います。お互いにがんばりましょう。

西やんは女流になるんですね。
あとは運だけなので、チャンスがあるうちは目指してほしかったですね。
NHK杯の対局内容を見ると内容的にも面白かったので残念です。

耀龍四間飛車が升田幸三賞おめでとうございます。
右銀の居心地の悪さも、指しこなしてくると
終盤の展開が見えてきて違う感覚になるんですかね。

 

お口直しに

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 1日(木)18時19分21秒
  升田幸三賞に大橋六段の「耀龍四間飛車」が選ばれました。定説を疑うことから始まった研究の成果が見事に発揮され、文句無し。あとはご本人がタイトル戦で採用し、奪取するだけですね。先手ではひねり飛車、後手では四間飛車というのはどうでしょうか。(^_^) 益々のご活躍を!  

(T_T)悲報(T_T)

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 1日(木)17時38分48秒
  西やんがプロ棋士への挑戦を諦めたとのニュースが入りました。恐れていたことが現実になり、残念至極。
結局、西やんは連盟にとって客寄せパンダの一人にすぎなかったのです。「そうではない」と言い張るのであれば、これら2度の失敗(香奈ちゃんの件も)に懲りて、中さんは女流棋戦に一切参加させず、三段リーグに集中させる配慮(ではないですが)を決断して頂きたい。現行の、女性であるというだけで女流棋戦に無理矢理参戦させる制度はおかしいと思います。
西やん、エイプリルフールだと言ってくれよ!!
 

耀龍ひねり飛車登場!

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 3月31日(水)18時14分33秒
  耀龍四間飛車は最近ボチボチプロの実戦でも用いられるようになり、戦果も上がっています。生みの親、大橋六段がNHK杯でその破壊力を知らしめ、片上七段が渡辺現名人に快勝する等の将棋ですが、その他にも振り飛車側がミレニアムを用いるなど、美濃囲い以外の戦型が模索されています。
さて、大橋六段はもう1冊の著書で、「耀龍ひねり飛車」と称して、新しいタイプのひねり飛車を指南しています。ひねり飛車は戦型的には相掛りに分類されるので、厳密には居飛車の将棋になるのですが、かつて升田幸三九段が愛用されていたように、形や戦い方はモロに振り飛車です。立石流は小さな横の動きですが、ひねり飛車の方は大きな横の飛の動き(笑)と書けば解って頂けますかね?谷川九段が名人を奪取した頃には、ひねり飛車が「先手必勝の戦法」ともてはやされましたが、後手にも有力な対策が浸透し、現在では殆ど見かけなくなりました。
前置きが長くなりましたが、大橋六段は居飛車党の眼で改良を加え▲7八銀型(これまでは▲7八金が殆ど)にすることで、優秀な戦法であることを発表しました。ところが、ご本人も含めプロの実戦では(少なくとも私は)全く目にすることなく2年前後の時間が過ぎましたが、昨日ついに実戦例を目の当たりにし、感動しています。(^_^)
棋王戦予選、青野vs及川戦です。青野九段は鷺宮定跡に代表されるように、バリバリの居飛車党ですから、私の驚きは半端でなかったです。しかしながら、その状況判断と指し回しは振り飛車党のそれと言っても過言ではない見事な流れでした。地味に強い及川六段を破ったことも価値がありますよね。残念ながらC2に陥落してしまいましたが、まだまだやれるのではと思わせる将棋でした。
 

初めてここを訪ねたのは

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 3月29日(月)19時37分50秒
  もう17年前になるんですね。1回目の「大山康晴全集」を購入した折でした。「将棋を勉強し直そう」と燃えていましたよ。でも当時の私には「大山将棋は超難解」ということが分かっただけで、宝の持ち腐れだったような気がします(今、2回目の全集を手にしている。その経緯はここでお話ししました)。返す返すも20代で将棋に真剣に取り組んでこなかったことが悔やまれます。でも良いことが一つだけ。それは現在の自分が最強で、まだまだ強くなれるであろうという希望があることです(笑)。残り5年で全道大会優勝まで辿り着けるでしょうか??先の大会ではライバルの一人に道内の鬼と言うか、化け物について色々聞かされたので、萎えそうですけどね。(>_<)  

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年 3月29日(月)06時50分38秒
  >大山命さん
このサイトも20年くらい続いているのですが(笑)少なくてもあと10年は
残っていると思うので、5年ほどおまちしています。^^

西やんの竜王戦は角打ちのミスが痛かったですね。
勝てる将棋だったので残念でした。

昨日NHK杯にも西やんが出ていて見事に勝って本戦出場を決めていました。
中飛車 vs 三間飛車で 7五角の角の位置を活かして9三歩と垂らして
その後の展開で5三歩と売って相手の金を美濃の逆側に寄らせる展開は
見ていて参考になりました。おもしろい将棋でした。

>振り飛車って良いですね。(^_^) コンピュータが理解できていないっていうのも、へそ曲がりにとっては嬉しい。
それはあるかもしれないですね。笑
私は自分で発見した手順が通用するとうれしかったりするし、その手順を他の展開でも
応用できないか考えるのも楽しいですね。
 

W女王の振り飛車

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 3月28日(日)19時34分29秒
  新棋戦、白玲戦が進行中。

まずは西やんから。思わぬ不覚を取ったエリリン戦でしたが、本局、武富戦は西やんらしい豪快な将棋が戻ってきたようです。初手▲5六歩でなく▲7八飛でした。中飛車は狙い撃ちにされるので、芸域を拡げようと試行錯誤なのでしょう(因みに後手では三間を多用しています)。後手の武富さんが趣向を見せ、△4四銀から△5五銀と進めます。こういう手を積極的に咎めにいくのが西山流?銀を呼び込み角交換し、馬を作ります。居飛車陣に生角が残ったことで、振り飛車側を持ってみたい局面に。その後、居飛車の拙い攻めもあり、玉頭から圧し潰し、快勝でした。でも女流相手ですから当然ですね(武富さんには悪いけど)。こういう経験が三段リーグの戦いにも生きれば良いと思いますが。

次は香奈ちゃんです。先手の小高さんが飛先を早く決め、中飛車を牽制しますが、結局何事もなくいつもの中+銀冠の布陣になりました。居飛車は持久戦に持ち込むのが真の狙いだったのでしょうか。居飛車はフル装備の?銀冠に組み、攻撃に移りますが、角の配置転換を咎められ、振り飛車の左桂を捌かせてしまいます。代償に飛を成り込みましたが、▲2二竜が最悪の攻撃目標になりました。振り飛車は機を見て中央から殺到、居飛車玉を▲7七に露出させ、王手竜取りで勝負あり。玉頭の厚みを生かせないで終わりました(中飛車相手に勝負に持ちこむには、飛先突破に拘らず玉頭戦にしなければダメです)。香奈ちゃんが穴熊に潜るのは殆ど見たことが無いので、対策としては銀冠穴熊ですかね(そこまで組むのが大変ですが)。まあ、小高さんには失礼ですが、勝敗は順当な結果。

初代白玲はどのような形で決まるのでしょうか。西やん、欲張らないで三段リーグに集中して欲しい。香奈ちゃんは頑張るしかないですね。二人に限らず、順位戦(リーグ戦)を導入したことで、誰が強く誰が弱いのかはっきりすると思います。
 

/62