<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


スッポン攻め

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月18日(火)18時32分24秒
  「菅井復調か?」と感じられる棋譜が先週上がっていました。
朝日オープンで豊島・渡辺と連破した将棋が素晴らしかった。特に渡辺戦は角交換振り飛車から向飛車に振り直し、ジリジリと手待ちが続き、仕掛けは漸く80手目を過ぎた辺りでした。名人が右桂を跳ね、▲5三に成り捨てることで2筋を突破。振り飛車は代償を中央に求めます。ここからずっと居飛車の受け・振り飛車の攻めが終局まで続きました。よく「4枚の攻めは切れないが、3枚では切れる」と言いますが、一見細く切れそうな攻めがつながる、つながる(笑)。感動しましたよ。経験値の高さがモノを言った戦いであったという感想です。もう1回でも2回でも並べ直してスッポン攻めを堪能し、できれば身に着けたいと思います。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2022年 1月17日(月)07時22分18秒
編集済
  >大山命さん
中さんは今のところ勝ち越しているんですね。
以前の成績では厳しいかと思っていたけど、確かに期待が持てそうな成績ですね。
他の人から狙い撃ちされないといいですね。

菅井さんは骨折していたんですね。最近あまり話題になっていないので
また新しい構想を披露して活躍してほしいですね。
 

骨折とは(T_T)

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月13日(木)20時33分25秒
編集済
  最近は連盟のHPや将棋世界をまともに見ていません。どこを取っても「藤井聡太」ですからね。永世七冠のようにオールラウンダーで振り飛車でも勝っているのなら応援の余地がありますが、純粋居飛車党は問題外ですね。ご本人にその気はないのかもしれませんが、ある意味振り飛車党棋士に対する挑戦ですよね。まあプロは勝たなくてはダメですけど。
さて、振り飛車党の一番手として期待しているのが菅井君ですが、昨秋骨折していたとか。全然知らなくて、ファン失格ですね(苦笑)。その時点で完治まで数ヶ月という重傷で、何でも地元の岡山で自転車に乗っていて溝に嵌ったということです。私も岡山(岡山市、倉敷市)には2年半住んでいましたが、当地は瀬戸内で夏季は水不足の心配があり、幅の広い水路が張り巡らされているんです。で、私も車の車輪を取られて豪雨の中JAFのお世話になったことがあります(苦笑)。よって私的には同情の余地は少しはありますが、何とももったいない。(負けても)言い訳にならないし。
以前にも書いたかもしれませんが、彼は大阪に引っ越して自分の将棋に集中するべきですよ。弟子の育成なんて、二の次三の次。百歩譲って、それで勝っていればいいですけど、成績は下降気味。致命的な手順前後ではないですか。丸ちゃんみたいに解説も立ち合いも弟子も出版も何もやらないのは好きにはなれないですが、それはそれで自分の将棋を大事にしているという面では賛成です。菅井君にも、名人か竜王を取るまでは我慢して欲しいですね。
先の順位戦第7局、何とか広瀬八段を下して3勝目を上げましたが、降級の目があるというのが情けない。傷を癒して将棋以外何も知らない世間知らずを叩いて下さい(自分の好きなこと以外何も考えないでも良いという立場は羨ましいですが)。
 

頑張れ、センター!

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月13日(木)11時59分58秒
  久しぶりに(怖いもの見たさで?)三段リーグを覗きました。
お目当ての中さんは6勝4敗です。漸くリーグ戦の雰囲気にも慣れたと見え、今後に期待が持てる戦績でした。第1号を目指して頑張って欲しい!棋譜、見たいなあ。
 

王将戦第1局

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月10日(月)19時44分7秒
  名人、惜しかったです(苦笑)。
圧倒的なアウエーで、後手番をブレイクすれば弾みがつくと思いましたが、問屋が卸しませんでした。次局の先手番に期待しましょう。どうせ、この板をご覧の方の多くは四冠→五冠を予想されているんでしょうけど、私は名人を応援します。
 

こちらこそ

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月 7日(金)20時21分50秒
  よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
毎日好きな本や論文を読み、好きな事を考えて暮らせる毎日、堪えられませんね(笑)。
もう北海道に戻りたくありません。誰か散らかった部屋を片付けて引き払ってくれないかな。
将棋はもう一ヶ月近く実戦から遠ざかっています。現支部の皆さんには4年間本当にお世話になったので、それだけは後ろ髪引かれますね。
さて、今日は順位戦、佐々木大vs黒沢戦より。
佐々木君は十分強いと思いますが、何故かC2に留まっています。得意の相掛かりを避けられた時に(例えば本譜みたいな対抗形になった時に)どうするか、ですね。数は少なくても深浦師匠は四冠に勝ち越しているのですから、工夫次第で殻は破れると思うのですが。
一方の黒ちゃんも歯がゆいですね。こちらも最高戦績が棋王戦決勝で終わるような人ではないと信じています。
将棋は佐々木君が初手▲9六歩。そこかよ?って私は感じましたけど。順位戦でそんな手を指す時点で気合負け、既に気持ちで振り飛車ペースです。黒ちゃんは最近自分からは角交換はしない将棋が増えています。基本に立ち返って、ということですかね。本譜は後手の石田流の一変化に進みました。振り飛車は飛を叩き切って敵玉頭に迫り、リードを奪いそのまま押し切りました。居飛車側からすれば「抑え込み不発」ということになるのでしょうが、今回に限って言えば敗因は初手でしょうね。草陰で阪田三吉が泣きますよ(苦笑)。「わいはそんなつもりで端を突いたのではない」と。
燻っている二人には「がんばれ」と声を掛けたいですね。
追記:西田君が好調を維持し順位戦全勝です。忍者ハットリくんがこけたので、これはいけるのではないでしょうか。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2022年 1月 7日(金)07時24分8秒
  >大山命さん
西山 vs 斎藤戦見ました。
西やんの中飛車は左金を王さまに近づけない指し方でもここまで指せる、
という可能性を見せてくれるので今年も西やんを応援していきます。

今年もよろしくお願いします。m(_ _)m
 

自分の土俵で

 投稿者:大山命  投稿日:2022年 1月 3日(月)11時09分52秒
  帰省しています。食事の心配が不要なのが良いです(笑)。
まだ今年も始まったばかりなので、昨年の新人王戦、西山vs斎藤明戦から。
斎藤君は居飛車党のようですが、相掛かりで数局捻り飛車を採用しているので振り飛車に興味があるのかもしれません。
西やんの先手で初手▲5六歩、後手は三間に振りました。相金無双模様から後手は矢倉に盛り上がり、先手は端に味付けします。中盤は飛角交換になりますが、先手が香得、リードする展開に。ただ、飛を持たれているので伸びすぎると一気に形勢を損ねますので継続の攻め手が難しい。西やんは馬の活用から玉頭をイジリます。斎藤君は機会を捉えて中央から手を作りますが、飛銀交換の駒損は痛かった。ここから西やんのリードとなり、入玉に気を付けながら見事に着地。相振りは経験値が高いとは言え、強いですね。今年も大いに楽しませてもらえそう(笑)。
名局集シリーズでついに待望の「相振り飛車」編が刊行されました。早く手にして並べてみたいですね。自分の土俵と言えるように流れを研究したいです。

 

フォームを固める

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月31日(金)11時59分57秒
  管理人さん、今年も大変お世話になりました。口うるさいオヤジを上手に泳がせて下さり感謝しております。西やんの将棋は魅力ですが、今後は里見香奈の良い面を取り入れていくのではないでしょうか。ご本人にとってはどうでも良いことですが、少なくとも私の棋風に合わないような気がしています。
「合わない」と言い切れないことが私のダメなところで、未だに自分に合った振り飛車の模索が続いています。「これが通れば勝てる」が見つかれば良いのですが。とりあえず、角道を止めた振り飛車を見直すことからやっていくんですかね。恥ずかしいことに、振り飛車の流れが頭に入っていないんです。プロの振り飛車党ももがいている昨今ですが、ヘボがやれることは沢山あると思います。
明年もよろしくお願い申し上げます。
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年12月31日(金)09時42分39秒
  >大山命さん
私個人的に、藤井くんを除いたMVPは対局結果が一番気になった西やんですかね。
将棋の内容も参考になりました。

大山命さんも今年1年、大会参加&掲示板投稿お疲れさまでした。m(_ _)m
 

2021年を振り返って

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月27日(月)16時28分51秒
編集済
  個人的には会心の将棋と言える対局が少なかったような気がします。勝率も大幅に下がりました。
三間から角道を止めず▲6八金と上がり、5筋を押さえる指し方が成功したのが唯一だったような。大会は準優勝が1回ありましたが、コロナの為規模縮小の中で行われたものなので、達成感はイマイチでした。来春から東京をホームに参戦するので、余程頑張らないことには。(>_<)

プロ棋戦は振り飛車受難の年でした。まあ、約1名を除けば殆どの棋士が結果に不満をお持ちのことでしょう。(T_T) その中で、1年を通してコンスタントに結果が出ていたのは西田五段くらいでしょうか。よって彼に今年の振り飛車DNAでなかったMVPを個人的に差し上げたいと思います(気持ちだけですけど)。来年は久保師匠、菅井君をはじめ振り飛車党棋士の大活躍を切望するものです。
対照的に、女流は里見香奈・西山朋佳の二人が引っ張り、8タイトル中7つを二人が分け合う形となりました。引き続き、男性が情けない分、並べて感動する(この板で取り上げたくなる)ような棋譜を楽しみにしています。(あと、中さん、頑張って!)
まだ年度は数ヶ月残っていますが、皆さん、お疲れ様でした。
 

面白いことをやっても

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月14日(火)19時16分5秒
  負けてしまっては何にもならないのがプロ。「勝つことは偉いことだ」(by塚田正夫)。
対局中は必死に勝ち筋を探しているはずですが、何故か私は山本四段が満面の笑みで(勿論心の中で)将棋を指している情景を思い浮かべてしまいます。私にとってはこの将棋、永久保存版ですね(笑)。あの斬新な仕掛けから寄り切った将棋も感動しましたが、別の意味で。

話は変わりますが、天彦九段。彼が中飛車を中心に色々試されているのは、本板でも度々紹介しましたが、そこまで本気だとは思わなかったです。本を読んだら感想文を寄せますのでお付き合い下さい。m(_ _)m
私は、棋士の方々(囲碁の方も)は絵を描く素養は十分にあると思います。ちょっとした歩の位置から負け筋を勝ち筋に変えるんですから。だから逆に四冠の頭の中はどういう造りになっているのか(頭の中に将棋盤が無いそうです)、謎ですね。(>_<)
ウルトラセブンの「第四惑星の悪夢」(ロボット長官)なのか??あ、将棋に関係ないマイナーな話題で失礼しました。
 

やりたい放題

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月14日(火)18時42分11秒
  順位戦、山本博vs牧野戦より。
いつものように初手▲7八飛の山本君ですが、本譜はこの後が凄かった(笑)。牧野君が普通の対抗形になると決め打ちをしたのが波乱の元に(笑)。居飛車は角道を開けずに△2四歩から銀冠の形を作ったのですが、そこから振り飛車は▲3六歩を早く突き、▲3八~▲3七銀と進みます。さらに居飛車が飛先を伸ばすと▲7七銀!そして▲2八飛と振り戻しました!!振り飛車のやりたい放題は続きます。玉は左に囲い、まず金矢倉に入城、さらに穴熊に組み替え、居飛車の隙を窺います。戦いは4筋の桂交換に始まりました。駒が左翼に寄って手薄になった振り飛車陣を攻めるのはここが適切(尚、居飛車は中住まいから右玉模様)。ここから居飛車が少し指し易くなりました。端攻めで敵金を釣り上げているのもポイント高い。4筋は破られ終局も時間の問題かと思いきや、▲4九香が勝負手でした。振り飛車側(相居飛車の戦いになっていますが)の飛を取ると、この香は自陣の飛に直射しているんですね。ここでケチらず△4七銀成と入っておけば優勢を維持できたのでは?居飛車の攻めが渋滞したタイミングで中央から桂を連弾して居飛車の金銀を剥がし、あっというまに勝負形(逆転)に。最後は金捨てから格好良く決めました。升田幸三大先生がこういう将棋を指しそうで、終局まで楽しく観戦させて頂きました。頑張って下さい!!
 

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年12月14日(火)08時30分37秒
  >大山命さん
佐藤天彦九段も振り飛車を始めるんですね。
局面の判断基準が居飛車とは違ってくるのでどんな将棋を指すのか楽しみですね。
あの藤井君も美術が苦痛でしたか。。そこはみんなと同じですね。笑

>西山vs吉本戦見ました。
相手が飛車先を突破できる状況を放置したり、弱い桂頭のまま戦ったり、
慣れていますね。こういう指しかたもできるんですね。

1500回は無理のない範囲で目指してください。m(_ _)m
 

まず1勝

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月12日(日)10時20分51秒
  竜王戦6組、西山vs吉本戦より。
吉本氏はアマの強豪らしい(プロ棋戦に出場しているのですから)ですが、詳細は判りません。ただ序盤の出だしを観ると、居飛車・振り飛車どちらも指せそうな感じでした。本譜、西やんは先手番を握り、初手▲7八飛を決めました。西やんは吉本さんの棋譜を事前に並べたのではないでしょうか。相振りは自分の方が経験値が高いから、どうぞいらっしゃい、と(笑)。端の打診の後、角交換、居飛車は左美濃に。▲7九(△3一)玉型の左美濃はそこそこ堅いので、私も相振りで多用しています(笑)。角筋が怖いので5筋はなるべく突かないのが肝要でしょうか。吉本氏は動きが軽快で手作りが上手いですね。端に味をつけて西やんを翻弄しますが、やや無理な流れか?途中双方に勝ち筋があったものの混戦に。寄せ合いの最終盤に居飛車に失着があり、西やんの勝利となりました。昨期は小山さんに負かされ、4強?で敗退。今期こそ優勝して大願成就といきましょう!
でも、そうなったとして、西やん女流棋戦を全て捨てるのかな。ネットでは(タイトル戦が増えて)実入りが良いから、スッパリ諦めたんだろうという憶測もすくなくありませんが。まあ、余計なお世話ですね。ファンとしては、引き続き面白い将棋を魅せて下さい。(^_^)
漸く1,400回に到達。今年中は無理ですが、今年度中に1,500回いけるかも?!
 

振り飛車年鑑

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月10日(金)05時12分29秒
  が発刊されるようです。佐藤天彦九段のインタビューのさわりがネットにあったので、早速予約しました。楽しみです。(^_^) 天彦九段が振り飛車を指し始めたことは、私だけではなく周囲が驚いているようです。九段の将棋観(人生観も?)は現四冠と水と油なのです(例えば、天彦九段の趣味の一つは作画(油絵)ですが、四冠は美術の時間が苦痛だったそうです)。ここまでなかなか結果が出ていないですが、匙加減を体得して撃破して下さい。振り飛車の良さを広めるため、一緒に?頑張りたい(笑)。  

王座戦終了

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月 8日(水)06時08分47秒
  女流最強の竜虎が激突した戦いでした。内容は意外に一方的で、西やんに冴えがなかったかなというのが印象です。
決着の3局目を振り返りましょう。里見先手で初手▲5六歩の中飛車明示。そこから相振りになるのかと思いきや、玉は左に囲いました。西やんが向飛車なので、居飛穴や左美濃に組む時間はありませんでしたが。玉が薄く、右の金銀の捌きが課題となりました。そこで西やんが2筋に拘ったのが、私にとっては?でした。▲3六歩と突かれ、桂を活用されたのも痛かったですね。自分の将棋でも気を付けたい。角交換になりましたが、振り飛車側が打ち込むスペースが多いので面白くありません。結局銀桂交換の駒損で、▲8五桂と捌かれてしまいました(これが刺客に)。剛腕も披露できず、西やんにとっては不完全燃焼の敗戦であったと思います。決め手は継桂でした(うっ、トラウマ(>_<))。
香奈ちゃんは桃ちゃんに一つ取られましたが五冠復帰。本譜は谷川研の成果が実ったということでしょうか(菅井vs羽生の戦いが参考になったのでは)。やりたい手を指して勝てるのは棋士冥利に尽きますね。一方の西やんは、ここの所精彩を欠いているのは疲れでしょうかね。もうそんなに対局も残っていないでしょうから、ゆっくり休んで新しい年に備えて頂きたい。
 

こんなものか

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月 6日(月)19時35分5秒
  という感じですか(苦笑)。4年間、将棋ばかりやっていた訳ではないので。仕事以外、全て将棋に力を注ぎこんでいればもっと良い結果を手にできたかもしれませんが。今はお腹一杯ですが、現在の自分をキチンと消化できれば、またやり直すかもしれません。普段から色々な人と指さなければダメだということは感じています。支部活動無しではここまで強くなれなかったことは確かですが、メンバーがほぼ固定されていたのはマイナスでした。本番はほぼ初手合いばかりですからね。  

レスレス♪

 投稿者:tsuka000jp  投稿日:2021年12月 6日(月)07時22分48秒
  >大山命さん
努力していても結果がついてこないときもあるので仕方ないですね。
敗因はゴム長靴ですかね。
全道大会お疲れさまでした。m(_ _)m
 

得意の1回戦負け(>_<)

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月 5日(日)15時34分56秒
  北海道における最後の全道大会に臨みました。
朝、5:40発の特急に乗るために家を出たのが5:15頃。地面が一面真っ白だったので、ゴム長靴に。しかしこれが大変な読み間違いで、札幌では積雪0㎝で大恥をかきました。(>_<) 将棋は中飛車左穴熊に対し、石田流で対抗し、終盤の入口までは優勢でしたが、継桂を食らって転落。苦い苦い結果となりましたとさ。(T_T) 自玉がどれくらい危険か判っていないんですね。もう暫く自分の将棋はいいかなあ。
 

/71