新着順:69/1181 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

その慎七段...

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 1月 8日(金)09時06分30秒
  通報
  順位戦がありました。聡太君だけが戦っている訳ではないんですよ。メディアはもう少し将棋の勉強をしてから記事を書いて欲しいですね。聡太のことしか(「ことも」か)調べていないでしょう?

佐々木慎vs野月戦は初手▲7八飛から、慎七段が突っ張って角道を止めなかったので、力戦形になりました。端を詰められたので早い戦いにしたい。馬を作らせても初志貫徹、ひたすら8筋の歩を伸ばしていきます。対する野月八段は戦力を敵玉頭に集結させていき、先に攻め込んでいきました。でも少し軽かったのかな?振り飛車が何とか余しました。順位戦で大崩れするイメージがないのですが、何とか降級点は避けて頂きたい。

戸辺vs北浜戦は北浜八段が相振りを避け(多分)、対抗形に。戸辺七段の工夫はタイミングを遅らせた升田式石田流。居飛車に備えられると手詰まりになりますからね。でも本譜もそうですが、基本玉が薄い状態で戦うことになります。私は、本家の将棋を並べ、実戦で何局か試し、自分より強い人には使えないと判断し、今は指しませんけど(苦笑)。果たして、銀冠に組み替える途中で戦火が上がり、バラバラになりかけましたが、それ以上に居飛車陣の損害が大ききかった。戸辺さんは中・石田流が二枚看板でしたけど、どうなのかな。もう1枚使える札を用意しておかないとB1以上には通用しないと思います。

追記:テンテー、雀王、沈んでいました。私もそれを観て沈んでいます。(T_T)
 
》記事一覧表示

新着順:69/1181 《前のページ | 次のページ》
/1181