新着順:33/1255 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

挑戦者先勝

 投稿者:大山命  投稿日:2021年 4月 9日(金)05時51分53秒
  通報
  昨日、名人戦第1局が終了。
名人が四枚矢倉から穴熊に潜り、挑戦者は今風の?土居矢倉。棋風通り名人の攻め、挑戦者の受け?という展開になりました。元々強度に劣る玉型故、名人の鋭い攻撃に挑戦者の形は歪み、持ち角を殆ど受け一方に手放さなければならなくなり、二日目は夕方まで名人のペースで進行。おかしくなったのは夕食休憩後でしょうか。解説の通り、細く見える攻めを繋ぐのは棋界一の名人が押し切るかに見えた局面から、挑戦者の辛抱が実りはじめます。ここで名人が弱気?ではないですが、一貫性を欠いた安全策のような手が散見されるようになり160手を過ぎた辺りで大逆転。穴熊故、逃げ出すこともままならず、無念の投了となりました。
私自身はまだキチンと棋譜を追っていないので、詳細なコメントはできませんが、負け方の悪い名人はショックでしょうね。しかし、これでシリーズが面白くなったことは事実です。さらなる熱戦を期待します。

次は藤井聡太ではなく、中七海特集を計画しています。その前に「続」2020年度名局集かな? (>_<)
 
》記事一覧表示

新着順:33/1255 《前のページ | 次のページ》
/1255