新着順:82/1483 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

やりたい放題

 投稿者:大山命  投稿日:2021年12月14日(火)18時42分11秒
  通報
  順位戦、山本博vs牧野戦より。
いつものように初手▲7八飛の山本君ですが、本譜はこの後が凄かった(笑)。牧野君が普通の対抗形になると決め打ちをしたのが波乱の元に(笑)。居飛車は角道を開けずに△2四歩から銀冠の形を作ったのですが、そこから振り飛車は▲3六歩を早く突き、▲3八~▲3七銀と進みます。さらに居飛車が飛先を伸ばすと▲7七銀!そして▲2八飛と振り戻しました!!振り飛車のやりたい放題は続きます。玉は左に囲い、まず金矢倉に入城、さらに穴熊に組み替え、居飛車の隙を窺います。戦いは4筋の桂交換に始まりました。駒が左翼に寄って手薄になった振り飛車陣を攻めるのはここが適切(尚、居飛車は中住まいから右玉模様)。ここから居飛車が少し指し易くなりました。端攻めで敵金を釣り上げているのもポイント高い。4筋は破られ終局も時間の問題かと思いきや、▲4九香が勝負手でした。振り飛車側(相居飛車の戦いになっていますが)の飛を取ると、この香は自陣の飛に直射しているんですね。ここでケチらず△4七銀成と入っておけば優勢を維持できたのでは?居飛車の攻めが渋滞したタイミングで中央から桂を連弾して居飛車の金銀を剥がし、あっというまに勝負形(逆転)に。最後は金捨てから格好良く決めました。升田幸三大先生がこういう将棋を指しそうで、終局まで楽しく観戦させて頂きました。頑張って下さい!!
 
》記事一覧表示

新着順:82/1483 《前のページ | 次のページ》
/1483